FC2ブログ
ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
雑談記事っぽく。

なんか最近別名義とかどうとか書きまくってる以上、他の人の別名義を探るのも申し訳なくて遠慮してしまっている現状。と某所(身内)を見て。
・・・どこかで見かけられるように期待して待つべきか、踏み出るべきか。

現地で震度5オーバーだと宮崎にも結構来ます。昨日(月曜夕方)のは何故か来ませんでしたが。
・・・しっかし、なんでジャンプとヤンマガが当日に届いてたんだろ。


ガンガンONLINEで「王様の耳はオコノミミ」と「閉ざされたネルガル」のリバイバル掲載をやっているようです。

ホント絶妙な中堅どころの大傑作を突いてきたもんだ。

前者は「お好み焼きマンガぁ?」と思いながら見てたら、単純な展開の熱さで持っていった。
作者の出身地をそのまま舞台にしたり(新潟・・・ちゃんと米どころである事自体は上手く噛み砕かれて取り入れられています)。ちなみに作者はうみねこコミカライズ担当で一番古株の夏海先生。
ジャンプ系のマンガと比べると熱量は見劣りするけど、今にして思うと、とにかく丁寧にその熱さが描かれてたのが唯一無二かなー・・・と思う。あと結構分かりやすいのもポイント。
こういうアプローチが通じたのも、ガンガンと言う特殊な環境があったからじゃないかなー、と思う。マイナーよりだけどエニックスの雑誌のセンターポジションだから、分かりやすい展開だったのが響いてしっかり本分を生かして生き残ってポテンシャルを存分に発揮した感じ。
あえてネタバレになるけど書こう。最後の戦闘前、キイチの復活に至るまでの過程は本当に、ただ一言「素晴らしい」。
それでも今になって言葉にするなら「切なさ」「青春」「熱さ」「感動」「友情」「努力」その辺りの要素を全く破綻させずに詰め込んだシーンになってます。終盤だから追うのがアレだけど、ホント一見の価値アリ。
ちなみに、知り合いの師匠氏は、このマンガを見てお好み焼きが食べられるようになりました(マジ)。

後者はギャグマンガです。
ただ、クオリティは常時安定していました。ホント、この作者さんがONLINEでやってた連載を終えなかったのが悔やまれる。
(これがあるから作者名をチェックしたりしようとしても、柚木先生も東先生も気付いた頃には時既に遅し。東先生の今やってるやつは軌道に乗ったら感想書くかも・・・ただ期待薄め)
オコノミミは単純に料理バトルマンガって説明すれば大筋は伝わりますが、こっちは・・・無実の罪で逮捕され、魔法を唱えられないように口を塞がれた天才魔術師ネルガルが主人公(一応)のドタバタギャグマンガ。
元々は巻末のギャグ4コマから昇格したマンガですが、その中でダントツ最強だったと言ってもいいマンガでした。
元が4コマなので、「物食えないから点滴」と言う結構えげつない世界観を割とさらりと流せてた(けど不自然にならないよう配慮された結果の設定としてちゃんと生きていた)のも大きかったかも。連載版では点滴あったっけ?
これでありながら、最後のほうは結構ジーンと来る展開があったのが恐ろしい。サニーにあんな特技があって、そしてあんな風に使われるなんて。
(サニーの正体・・・と言うかアホキャラ以外の側面についてはwikipediaとかにネタバレがモロに書いてあるので、できれば回避推奨)


開始から若干出遅れましたが、とにかくおススメです。是非どうぞ。
スポンサーサイト



少しでも、今回の地震に対して何か書ける事を書いておく。
先に、今回の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
(あと気にしだしたらキリが無いけど、エクアドルでほぼ同じ規模の地震で現状ほぼ同じ数の死者が出てるようで、そちらも・・・このタイミングで、しかもさっきニュース見た時は両者共に死者47名だから、流石に他人事じゃない)

一応念のため。ここの管理人は宮崎の県央在住。



木曜の夜9時45分ぐらい、最近導入したスマホから緊急地震速報のアラームが鳴り響いた。
丁度自室にいて、珍しくタイムラグが3秒程度。机の下にサッと隠れる体制を取る余裕はあった。

宮崎ってのは日向灘がそれなりにコンスタントに地震の起きる地域で、ここに20年以上住んでると震度5弱までの経験は一通りできてしまっている。
体感、震度3ぐらいか。おっと・・・と、余裕があったのでスマホの画面を開いた。

「熊本県で地震が~」



理系なので、地震のメカニズム的なものは大雑把には理解している。
震源から音速より早いぐらい(うろ覚え)の地震が同心円状に広がっていき、徐々に震度が弱まる。

一瞬、頭が3つのキーワードで埋め尽くされた。
「震源熊本」
「速報からのタイムラグ約3秒」
「宮崎県県央部の推定震度3」

もう、やばい事だけは判った。
約30秒後、冷静になったところで、最低震度6弱は行ってると悟った。
地震は、10秒前に収まったばかり。
20秒ぐらいは揺れていたはず。もう「嫌な揺れ」だと体感できる。
ちなみに、約20年前に経験した震度5弱は、15秒程度だったように記憶している。
(当時の自分も秒数カウントするスキルはあったし、おそらくそんな大きなズレは無いはず)



1分くらい待って、情報収集に走る。
別名義で入ってた某所のコミュを見たら、震度7と言う予想通りの数値が出てしまっていた。
当時は6強と7が混在していたが・・・どのみち、6弱までは大概死者1~2名だが、6強以上は甚大な被害が出る震度。

・・・ただ。
「これだったら、まだ阪神大震災みたいな死者は出ないか・・・?」
6強と7が混在していると言う事は、ギリギリ7に到達したぐらいなのだろう。
だったら・・・今の日本の建築だったら、そこまでは絶望的な被害は出ないはずだ。
そもそも、東日本大震災でも死者は津波がほとんど。震度7を観測したのは栗原市だけだったと記憶しているが、その栗原市の被害はほとんど扱われていなかった。まぁ、被害が出てないはずが無いのだが・・・。



しばらく経って、ようやく情報が揃ってきた。
震源、震度7となったのは益城町。
「益城熊本空港インターチェンジ」と言う名前には結構、馴染みがある。
宮崎に住んでいると高速バスを利用する機会が非常に多いのだが(理由は省略するけど飛行機以外の交通インフラがもっぱら貧弱なのが要因)、熊本まで高速バスで行くと、このインターチェンジを利用する事になる。
(実際は南の御船インターを使うほうが近いのだが、熊本行きのバス「なんぷう号」は一番近いインターを単純に使うため、こうなる。一応過去4回乗車経験あり)

熊本空港は熊本市と阿蘇山の中間地点に位置し、益城町はその空港と熊本市のさらに間の位置。
と言うか、地理系には結構強いし、九州であれば大体の土地勘はある。

・・・熊本市に近いな・・・。
もっとも、土地勘はあっても、具体的な町の風景までは浮かんでこない。
そもそも、夜だ。一夜明けないと被害の実態は出てこないだろう。

・・・とりあえず、この日は寝るしかなかった。
(そもそも自分自身が割と精神的に余裕の無い生活をしている。元からの話・・・)



翌朝になって、不謹慎だが「やはり数百人単位の被害は出ないな」と感じた。
現に当時、UMKのほうはローカル番組をそのまま流していた。
(金曜10時前から1時間半ぐらい取ってるので動かしにくかったんだと思う)

それでも、それなりの被害はあった。
死者9名。年齢の問題ではないが、うち1人に至っては29歳だった。
熊本城自慢の最急勾配の石垣「武者返し」も被災。
それでも幸い熊本城は鉄筋コンクリート製の再建天守、修理が間に合いそうな範囲内だ。

問題の、2つの巨大木造建築が懸念だったが・・・。
当時は、無事だった。
熊本城は巨大な城で、天守閣は幕末の西南戦争で原因不明の焼失で消えたが、「宇土櫓」が残っていた。
ただの見張り用の櫓なのに見た目が城で、しかも並みの城よりでかいと言う「熊本城の実質上の第3天守閣」。当然、重要文化財。
それ以外は小規模な櫓だが、最近になって「飯田丸」と言う巨大櫓が木造で再建された。
徐々に増やしてく予定だった、と言う記憶。ここに関しては曖昧。
・・・平然と持ちこたえてる。当時の建築も今の時代に再建したぶんもさすがと言うべきか。



・・・「心残り」はあったのだが。

その、心残りが形になるまでは、数日掛かるというのは判っていた。





実感する前に、本震が来た。
今回は地震速報のアラームと同時に揺れ始めた。
寝床に入っている間に、目覚まし時計より大きなスマホの音で思わず身構える。
ただ、今回は身構える余裕も無い。

推定震度4。
今度も、体感で判る。
アラームと同時に地震が来たと言う事は、今回は震源が宮崎寄りなのだろうと判断。
油断できないものである。

・・・が。
恐ろしい可能性も、同時に思い浮かぶ。

「これの震源が熊本だったら震度7どころの騒ぎじゃない」

上記の別名義で入ってるコミュに、福岡(大宰府辺り?)在住の人がいた。
震源が宮崎寄りであれば、おそらく高千穂~椎葉辺りで震度5強程度だろうか。
それだったら福岡に届くのはせいぜい震度2ぐらいだろう。

もう、震源が宮崎寄りと言う自分の予測を信じるしか無かった。
あの地震が2度も同じ場所で起きたら、被害はそれこそ凄まじいものになる。
熊本城の被害報告が、バロメーターとして機能してしまっていた。
単純に、あの崩れた石垣をもう1回揺らしたら更に崩れるだろうってのは見れば判る。

そういう、祈り。



彼は、「確実に昨日のよりでかかった」、と。





後は皆さんが見ての通りです。



残りは一応個人的は話。
上に書いた「心残り」についてです。

「九州自動車道、九州新幹線が両方止まったら南九州の物流はストップする」

そもそも宮崎ってのは太平洋寄りのため海運で結構勝負できるような気がするのだが、最近の物流ってのはもっぱらトラック。
でかい港が3つ(北から細島港、宮崎港、油津港)あるけど・・・そもそも油津港は規模でかくても結局は宮崎までは車になるし。王子製紙の工場あるし漁業基地でもあるから絶対的に要る港なんですけど。
で、九州の物流ってのは、もっぱら高速道路の結節点がある鳥栖(サッカーチームでもお馴染みの例の町)にとりあえず集めて、そこからトラックで・・・ってのが定番のパターンになっていた。

九州自動車道は初日の時点でヒビが入って休止に。
九州新幹線も脱線。このぐらいまでなら安全神話持ちの新幹線に被害が出てるとも思えないけど、脱線した車両をどかすクレーン持ってくるぐらいなら益城町とかに持ってって作業させたほうが早いだろうし復旧は「遅らせる」だろう。
翌日の本震で、更に高速道の陸橋が落下。

えぇ、宮崎モロに物流ストップの影響が出てくる可能性があります。
大分周り?いや、宮崎って陸路で行くと鹿児島経由のほうが近いのですよ。
大分~宮崎、すなわち東九州地域は地形が複雑で線路も峠越えの難所、道路も高速が開通したばかり。
・・・と言うか、大分~北九州の高速道路が「今月に」開通予定だったのに、一部が被害受けて延期になりました。完全ダメ押し。
だから雑誌の到着も一日遅れます。宮崎は東京から陸路で荷物を持ってくるぶんには「鹿児島より遠い」場所。陸路であれば沖縄の次に東京から遠い場所なのです。厳密には稚内とか室戸、足摺辺りのが遠いかも・・・ただ陸路でいける中核市ではおそらく最遠。

現に、現在パンとか水は、ほぼ各地のスーパーやディスカウントストアから姿を消しました。
水に関しては非常用で衝動買いした人も多そうですが・・・パンに関しては、もう熊本に持っていかないといけないぶんがあるし、そもそも届かない。

宮崎の貨物列車は平成に入って廃止された。
宮崎空港は地方空港としては全国屈指の規模だが、飛行機による空輸までは流石に生鮮野菜など一部にしか手が回っていない。
・・・正直、地元にそこまで詳しくは無いので、宮崎におけるトラック輸送と海運の比率がどのぐらいか、は判らないんですけど・・・。
ただ最近、宮崎県トラック協会のCM乱発してるしなぁ。
少なくとも、雑誌とかは確実に止まりますね。ああいうのはフェリーで運ぶようなタイプじゃないだろうし。



・・・ってか、そもそも、肝心の阿蘇地域に届かないし。

とにかく今回、「交通インフラの麻痺」が本当に目下の課題な気がする。
「阿蘇大橋」ってのは今回ピンポイント土石流で流された橋ですが、そもそも流された場所が悪すぎる。
阿蘇ってのは巨大な阿蘇山のカルデラから成る地域で、「外輪山」と言う円周状の山に覆われている。
で、巨大なトンネルを掘ったり、鉄道だったらスイッチバックで無理矢理外輪山を登ってカルデラの中の阿蘇地域に入り込む、って芸当が要求されるのだが・・・。
その外輪山の内側に黒川って川が流れてて、それが渓谷になっている。さらなる難関。
で、阿蘇大橋のすぐ上流にある滝がこれ
(よく見たら一部の崩落現場の写真で見切れて映ってます、若干崩れて後退してそうだけど一応存命っぽい)
と言う訳で、谷の深さは確実に60m以上。
そこを跨ぎ越してたのが阿蘇大橋。
昔はその高さから熊本県ナンバー1の自殺の名所として知られ、建設当時は赤かったから「血を吸う赤橋」と畏怖を持たれていたらしい・・・が、まさか橋そのものが転落死するとは予想できる訳が無い。

トンネル?阿蘇大橋のインパクトに負けて報道ほぼされてないですが、崩落したそうです。
で、阿蘇大橋落橋。
同時に鉄道(豊肥本線)も、隣で一緒に登っている国道も、まとめてアウト。

要するに、もう熊本市から阿蘇に行く手段が無いのである。

・・・と言う訳で。
阿蘇大橋の落橋は「でかい橋が落ちたー、これが地震の惨状か」と言う捉え方じゃ全然足りないような話だったりする。
南阿蘇地方だと高千穂から行けるけど・・・宮崎の交通網そんな頑丈じゃないからなぁ。一応、高千穂までの道は阿蘇大橋以上の規模の橋を10個ぐらい並べてあって整備されてるけど、食料品やら運び込めるぐらいにトラック流し込めるかどうか・・・。





・・・今、書ける事はこれであらかた書いたつもりです。

何もしないよりは、せめて、ここに感じた事を残す。
後は、とにかく現地の復旧が早いことを祈るのみ。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
重症コミュ障患者のブログです。
元々は月刊少年ガンガンの感想、写真、地元(宮崎)のネタを細々と更新していました。
(なのでアイコンもその辺り由来でソウルイーターのクロナ。知り合いの絵師、師匠氏(仮)謹製・・・)

今はどれも残っていません。ガンガンONLINEの一部マンガの感想を復旧させたので、共通掲載のマンガに関しては楽しめるかも・・・?
今は副業で始めた高専ロボコンのデータ記事(高専に縁の無い部外者視点です)がメインになってるような。

URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース跡

この欄はもう正常に機能していませんが、撤去が難しそうなので残してあります・・・。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク