FC2ブログ
ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
良いお年を。



・・・予想外に悲惨な近況でも。
ガンガンのほうは実は1回だけ立ち読みに成功したものの(3ヶ月ぐらい前)、更新のタイミングを完全に見誤って今の今まで放置してしまった。
そんでも箇条書きにすると・・・(それなりに書けたので記事のカテゴリーはガンガン系にしてます)。

流石にこの期に及んで未だに藍蘭島の主要キャラ全員を覚えていなかった自分には結構絶望するものがある。具体的に言うと忍者っ娘をしのぶしか覚えていなかった。姉妹だったのね・・・。
よりにもよって読めた回がファンタズマ休載。これはひどい。
かつてスパイラルと言う看板作品を生み出した伝説のコンビの新作「天賀井さんは案外ふつう」。兄がロボットだった回だけ見た。アライヴのスピンオフ小説(ガンガンNETで公開。今でも探せば載ってるかも・・・)の人造人間が犯人だった回を思い出した。ネタバレ回避でとんでもなく雑な説明になってるけど、アレはトリックの手法を書くだけでネタバレになるから何も書けず。
・・・こりゃあ変化球過ぎて、エース再臨とは行かないか・・・。インデックスを除いた実質上のエースは(これまたONLINEからの借り物だけど)ばらかもんかなぁ・・・いやアレがエニックスから出たって時点で既に喜ばしい事なんですが。
そのインデックス。うん、大雑把なシナリオ自体は原作15巻くらいまでは把握してたはずなのに、完全に置いてかれたね。そんでも「能力演算」って世界観の下敷きを知ってたお陰でラストオーダー(と御坂ネットワーク?)の助力無しだと立ち上がれないアクセラレータの状況は理解できた。
と言うか、設定自体はおぼろげに知ってたけど、近木野先生がとんでもなく上手く視覚化してくれたお陰で設定の意味がようやく具体的に腑に落ちた。こりゃラストオーダー無しじゃアクセラレータもう無理だわ。
そのばらかもん。東京編ですねー、ただ限定的にしか描かれないせいでイマイチそれっぽさは出ず。上野動物園はあったけど・・・「なるが東京に来てる」って設定で既に結構ワクワクするのですが。
そういや上五島の小学生ギタリストなんてのが話題になってるようで。ばらかもんって設定は福江と上五島どっちなんだっけ?作者が今も福江に住んでるらしいのは知ってるけど・・・。
大トリ、助太刀09。
割と兄弟描写は露骨に来ましたねー。岸本先生の吐露的なものもあったんだろうか・・・いや現実には兄死んでないけど。
ドローン使ったテロはリアルにこれから増えて来そう、爆発物を運べる重量級のも数年度中に実用化されそうですし。そして・・・これは心臓に悪いわ(笑)。桜田、潜入操作で創設メンバーとして絡むって新しいな。そしてそれどころじゃなかったパーティー潜入。そんでも桜田のお陰でクリア。す、すげぇ。
ホント、毎回落ちそうで絶妙に着地してるなぁ。オチが全話しっかりしてる。全体としてどうなるかは知らないけど。



・・・次、ずっと放置してたマガジン。
ちょっとだけ。
フェアリーテール大詰めか・・・まさかのテイクオーバーとかも凄かったけどジュピターは本当の本当に驚きました。あれだったらスプリガン12にも対抗できるわ。操作がビスカ(+アルザック)なのも素晴らしい。
UQ HOLDER。ハーレム路線突入でげんなりしました。少年マンガでハーレムってどうよ?あとネギの話を出しすぎだとは思う。一応、雪姫が背中流し終えてたのがここ最近の展開のベスト回。
ダイヤのA。今となっては駒大苫小牧が強いってのが「連載当初の話だなー」感が・・・群雄割拠で強豪があまり固定されてないのが北海道になってきた感。
金田一少年の事件簿。「3人を演じた理由」に脱帽。不自然だけど、すっげー上手い。人は思いも寄らぬ不確定行動を合理的に選ぶ場合がある。
アクマゲーム。もはやマガジン連載なのが勿体無い。イヤホンの隙を突いて初を撃破ってのはワンチャンスをものにした感じで絶妙。
ただ突っ込みどころは多め。初が味方になったのを最早隠してない気がするのがイマイチよく分からないけど・・・。筋肉だけで体重300kg(普通体系)から生み出される島津のタイルばらまきは戦慄、ファンタジー要素ぶっこんできたか。潜夜の能力については結局あのウサギの目が光ったタネがよく分からなくて何とも言えず。後は・・・照朝が「こちらこそごめんなさい!」って言ったのは流石の顕在っぷり。あれで可愛そうなだけの捨てキャラSOJIが救われたと思う。
炎炎ノ消防隊。前に書いてた気がするけど最初の1ヶ月ぐらいずっと大久保先生がソウルイーターの宣伝をしてたのがホントガンガンにお礼しようって感じで凄く嬉しかったです。
中身。世界観が相変わらずドクロだけど、ホント独特。ただソウルイーターは何だかんだで最後まで付いてけたけど、こちらは1回でも見逃すとストーリー理解不能になりそうな怖さがある(マギがそれで置いてかれたから凄く恐れてます)。今のところは大丈夫ですけど・・・こ、怖い・・・。
今のところは熱い展開とかも無いので様子見。ただ、大久保先生は世界観構築で勝負するタイプだと思うので(ソウルイーターはそれが完全にはまった上に主人公7人が絶妙だった)、既に世界観構築の終了したこのマンガの燃料でどこまでいけるかが現時点で見えないのは不安ではある・・・。
AKB49。色々熱い展開にはなってるけど、個人的にはメトロノームダンスが全てを持っていきました。お見事。
リアルアカウント。「ネットの繋がりって、血の繋がりよりも濃くなったんだね」の台詞を書ける作者がこんな路線の漫画を書くとも思えないので、やはりマガジン編集部陰謀説。

蟲。
もうマンガ名これでいいでしょ?最早マガジンに話題性売り込みたくて迷走してる感しかしない。見てて著しく不快、扱ってるネタがマンガの中身に関わらず気持ち悪いから。以上。

・・・えーと。
正直、マガジンに関しては編集部が本当にエロを好んで指示してるって話が某所で漏れ出たのを見てしまったので(ソースは教えられませんネット上のどこかです)、もう完全に雑誌そのものは見限りました。
T屋もそうだけど、編集部の劣悪体質ここに極まれりですね。それこそゴッドハンド輝にエロシーン無理矢理入れてた時点で普通の人なら確信してたんでしょうけど、自分はお人よしなので無理でした。でも本当に指示してるって知ってしまったら、もうどうしようもない。
それはマガジン以外でやって下さい。フェアリーテールとかに泥を塗る気かてめぇら。



後は適当に。
カメラ機材は数年動かなさそう・・・でも最近50倍ズーム系が欲しくなってきた。天体写真とか今の自分の技術なら狙えるかもしれない。
ロボコンは九州地区しか消化できてない。録画は済んでるので年度明けから消化開始予定。
ちなみに九州地区だけ適当にマシン紹介を半即興で書き上げてたりする。公開予定は不明。
上の感想見返しても、ガンガンは書くの大変だけど書いてる最中は前向けて文章書けたなぁ・・・それだけでも嬉しい。
ネタ切れ。



改めまして、よいお年を。
スポンサーサイト



// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
重症コミュ障患者のブログです。
元々は月刊少年ガンガンの感想、写真、地元(宮崎)のネタを細々と更新していました。
(なのでアイコンもその辺り由来でソウルイーターのクロナ。知り合いの絵師、師匠氏(仮)謹製・・・)

今はどれも残っていません。ガンガンONLINEの一部マンガの感想を復旧させたので、共通掲載のマンガに関しては楽しめるかも・・・?
今は副業で始めた高専ロボコンのデータ記事(高専に縁の無い部外者視点です)がメインになってるような。

URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース跡

この欄はもう正常に機能していませんが、撤去が難しそうなので残してあります・・・。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク