FC2ブログ
ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
まさか世界ふしぎ発見の問題を自力で解ける日が来るとは思わなかった。
確かに聞き覚えあったから図書館かなーって思ったら当たったよ・・・。

わりかし見てはいるんですけどねー。
年5回くらいはずっと見てたけど(野々村さんの初パーフェクトも見られたし・・・一番印象深いのはピラミッドに掛かる虹)、すばせかのシキ役の人がミステリーハンター就任したのに気付いて今年に入ってからチェックの回数を増やしたりしていたのです。

それにしても、日立がふしぎ発見を自社宣伝で使ったのは初めて見た(笑)。
ぶっちゃけ鉄道ファンの癖にあんまし詳しくないので、ジャベリンの存在をイマイチ認識していなかったんですけど・・・イギリスの高速鉄道ってずっとディーゼルカー(HST)が存在してたような気がするけど、電車では初って事か?
スポンサーサイト



NHKの番組を見ていたら、太田さん(爆笑問題)が平然とGXRを構えていて絶句。

というかGX100→GRデジタルと推移しているらしい。
こんな有名どころの芸能人にリコー派がいたとは・・・。
正直嬉しいですね。



それにしても・・・。
もうCaplio系統は出ないのかなー。CX6が最後で、もう出てこないし。
むしろ、コンパクトデジカメ全体のトレンドがスマホ対策の高倍率ズーム系統に推移しているので、28~300mmという旧来のタムロン的な倍率のズームじゃ厳しくなってきたのだろうか。
最後のほうもダブルリトラクティングズームレンズ機構とか使ってたのかな?これを使って割と早い段階で28~200mmまで上げてきたから、逆にインフレについていけなくなってしまったのかも・・・というか他のメーカーはこれ使ってるんだろうか。
ペンタックスのコンデジそのものもWG系統しか残って無さそうだし。ただ、あちらは実質コンデジの後継機と言えるQシリーズがあるので、まだ続いてるとは言える。
GRは・・・APS-Cサイズ出したから当分後継機は出ないんでしょうね。



スマホが普及しつつある現在、この手のカメラはどこまで続くのか。
とりあえず、感度設定、ホワイトバランスの調整、といった普通の設定にも1分近く掛かるスマホのカメラは、正直使ってて厳しい。

・・・なんだかんだで、自分も1枚1枚それなりに気を遣って写真を撮れる程度には上達したのかな。
それを押してくれたのがCaplioR1というリコーの10年前のデジカメです。

画質と手ブレ補正機構以外、当時にできる全部乗せのデジカメ。
ここを昔から見ている人が残っているのであれば、今更説明不要かと思いますが・・・いないかもしれないので書いておく。
全盛期は、このデジカメを使い込んだ量で言えば、全国5本の指に入る自信があったほど、馴染んでいたデジカメ。

・・・確か、CaplioR1の発売日は2004年の今頃と記憶したたけど、調べてみたら来月の3日だった。
もうすぐ、本当に10年なんだなぁ。
独り言。



最近は、やっぱ町おこし系統の活動ってのはよく見る気がします。

「ゆるキャラ」が火付け役でしょうか。
ゆるキャラと言ってもひこにゃんや、せんとくん&まんとくん、最近ではくまモンに代表されるような「ご当地ゆるキャラ」が牽引してるので、それが上手い具合にそういったムーブメントに繋がってるように思います。

そもそも、そういう郷土愛の根付いた環境でなければ、東日本大震災みたいな被害は起きていない。
(・・・と、両親が「なんであんな場所に住んでたんだろうね」と言ってたのを見て、反感を覚えて辿り着いた結論)



・・・ただ、まぁ・・・。



こんな映像を見つけた。
主催は宮崎青年会議所。

「宮崎の魅力が詰まっています」
そう一言だけで要約できるムービー。この完成度ならお世辞要らないから楽。





・・・ただ。
この動画を見て、凄く寂しさを覚えたのは、何故だろうか。



この動画のストーリー。

「幸子は、亡き夫・健と40年前に訪れた青島へやってきた。
駅を出て飛び込んできたのは、昔とは違った雰囲気の町並。
幸子は少し寂しさを感じていた。

そんな彼女の前に一台のトゥクトゥクが止まった。
「青島まで乗っていきない!」

威勢のいいドライバーに連れられ、やってきたのは青島商店街。
そこには、時代が流れても変わらない「人の温かさ」が溢れていた」


・・・後は、ちょっと映像を見て下さいとしか言えない。10分オーバーですけど。
まーそんでも要約すると、青島商店街を歩くと隣に在りし日の夫が立っているようで、自分も当時に戻ったようになって・・・と、そんなコンセプトで進んだ後、最後に夫が青島神社に残した絵馬を見つけて切なくなりつつも笑う・・・的な。



もう映像はどう見ても気合い入りまくりの鬼のようなムービーです。
この地方の一映像会社(たぶん。アマチュア撮影かとも思ったけど流石に無理だろうなー)の撮影+100名オーバーの市民キャストという状況下でノーカット8分長回しはアホとしか言いようがない。確実にテイク10以上かかってると思う(下手すりゃ30越えてる)、サカナクションのアルクアラウンドのPVが夜通し録って成功カット2回だけだったらしいのを考えると・・・。1日で終わったのが奇跡。
青島駅の撮り方が上手い。腐っても鉄道写真趣味者なので一応そういう観点から見るのですが、流石に空飛ぶイルカを有する宮崎の鉄道映像だけあって本格的。というか確かに駅そのものを跨ぐ巨大な歩道橋がある。この駅って東口しか無いので(肝心の青島方面に行くだけならそれで足りる)、反対の西側に出るにはこれを使うしかない。なお駅前はロータリーだけで駐車場は駅の西側。面倒。
いさじさん投入とか少しは出し惜しみしろ(笑)。すげー存在感。知らない人いるかもしれないけどニコニコ動画絡みの著名人ではほぼ唯一と言ってもいい宮崎県民。組曲宮崎弁ニコニコ動画とか。あと彼は間違いなくノンケです(ホモネタ嫌いなヤツの叫び)。
その他。みやざき犬の投入(かぁくん単騎は珍しい)、なんか宮崎銀行合唱団っぽい雰囲気のメンバーなど、盛り沢山。



ただ、なんだろ。

まず舞台。
まあ青島なら納得はするけど、退色系の演出まで完全に昭和風味にしてるから、言い逃れのできない昭和風味。それで弥生橋のサビやら商店街の無人っぷりが際立ってしまう。

選曲。
デュークエイセスの「フェニックス・ハネムーン」のアレンジ。
観光宮崎現役当時の大昔の曲です。一応、デュークエイセス自体は宮崎のローカル子守唄なんてものを歌ってまして、まだ若干宮崎市民を中心になじみはあると思うのですが・・・(名曲です)。というか、アレをよくもまぁ、ここまで現代風味に持ち直せたものだ。アレンジャー(みやざきアピル隊さん)すげーなぁ。

ストーリー。
夫が亡くなっている。



何から何まで過去の観光宮崎の追憶。

もちろんアリだと思うけど、流石にここまで頭の先からしっぽまで徹底して敷き詰められると、現地で「昔は新婚旅行のメッカだった」という事実を知って育った身には結構なダメージが来るものなのです。
この動画は先週見つけたのですが、これを見る直前に、オーシャンドーム解体のニュースを知ってしまったので・・・。もう、過去の宮崎の観光の遺産がどんどん消えていくってのを思い出すのはこりごりだ。

あ、サボテンハーブ園にも行った事ありますよ。もしかすると、今の小中学生は知らないのかなぁ・・・閉園の時は時代の流れを感じて本当に寂しくなったものです。
都井岬観光ホテルにも泊まった。宮崎市からでも片道最速3時間なので20年くらい前の家族旅行の際に泊まったのですが・・・最後に2007年に日帰りで行ったけど、その後、営業終了してしまった。あんだけ綺麗な場所なのに(やっぱ交通アクセスが致命的っぽい・・・バスもまともに通ってないし)。
オーシャンドームは言うに及ばず・・・行ったのは4回くらいかな?というか実は運動神経壊滅してる割には健常人より少し劣るくらいには泳げるにも関わらず、海水浴に若干の恐怖を抱いていたりするのですが・・・この宮崎で海水浴に行かずに育てたのはこの施設のお陰だったりする(結局大学時代に部活の合宿で海水浴に行く事になったけど)。



この動画は、今の宮崎の明るさを伝える動画。

だからこそ、昔の宮崎の遺産で敷き詰められたこの動画が、どちらかと言うと、記念碑みたいに見えてしまった。
過去を記録した、記念碑。



・・・そんな、独り言。

もちろん、過去の宮崎は残したかった遺産だし、そもそも自分が相当な偏屈物質なので、この動画に対する感想はあまり参考にしないで欲しいと思うのですが・・・というか、こんな凄い魂の入った動画を見てケチつけるってのが相当問題あるってのは自覚してる。製作者の皆様方、超お疲れ様でした。

・・・ただ。
どうしても、どことなく寂しいって感想を書かずにいられなかった。
オーシャンドームもサボテンハーブ園も、もう行けないんだよ。
それが、悔しくて・・・。



・・・夫が死んでいなかったらここまで書かなかったんだろうなぁ(ぼそっ)。
うーん、例えば幸子さん(主人公)が娘さん夫婦を連れてきて、その2人が、って展開とかだったらどうかなぁ・・・。それだったら未来に繋がる要素満載になるでしょうし。もちろん若いころの幸子さん夫婦のキャスティングが、そのまま娘さん夫婦で。これなら人件費も変わらないし。
あーでもトゥクトゥクに3人は無理だなぁ・・・娘婿さんだけ車から降りてダッシュになってしまう。と言いつつ、夫が亡くなっているってのが納得行かないので、なんとか代替案を考えてみたいところ。
良かった・・・カービィ流れた・・・ポケモンも・・・。

・・・狂花水月知らなかったとか言えない・・・。
曲聴いたら確かに安藤さんだ。カービィ離れした選曲をリクしてくれた方に感謝。
もう1曲はグリーングリーンズでしたかー、納得のチョイス。
⇒ 続きを読む
そんな訳でハイスコアガールは名前しか知らなかったんですけど・・・。

ネット上でかなりの騒ぎになってるけど、これは参った。
なんせ、昨今のガンガン系で一番恐れていた事態が起きたような感じなので・・・。
だって、最近のガンガンは派生モノ以外を生み出せなくなってる状態だから、依存してる相手の都合で大変な事が起きてしまう、って最悪のパターンに近いかもしれない状態。



それでも実際、禁書目録とか面白かったし、ギリギリ上手くは行ってたと思う。
ただ、ひぐらし&うみねこといい、手を広げすぎてたような気はしてた。
もちろん、ゲームのコミカライズを他社から借りてきたりしたのは前々からなのですが(昔はゼルダとかアークザラッドなんて題材も扱ってたなぁ)・・・あ、ひぐらしは一応ゲームか。ゲームっつーよりラノベ属性だと思うけど。

なんか、派生作品に振らせすぎてるような感じもしてた。
ソウルイーター本編は読んでるけどソウルイーターノットはしっかり読んでないし(主人公の名前をはっきり思い出せないほど)、バンブーブレードは全巻持ってるけどBやCには消極的だった(一応Bは読んでたけど、斎村姉弟の登場シーン以外ではテンションはあまり高くなかったと思う)。
そこらへんは自分の感性の問題なのかなー、と思って(アーティストのCDは全体より個別に買う事が多いタイプなので派生作品とかには全然なびかないタイプだと思う・・・まぁもちろん例外もありますが)、ノットの感想を書かないという事実だけあれば十分かなーと。ただ単純に書けないのが理由。



後は、何というか・・・。
今までゲーム系の外部から輸入してのコミカライズを多く担当してきたエニックス(あえて旧名称)が、こんな露骨すぎるミスをアニメ化まで放置してたのは何かとんでもない凡ミス以前の何かだと思うので、もう語るのが難しい。
エデンやマテパ放置してる=連載作品を放置と言うマンガにおける禁じ手を平然とやってのける体質だからポカやらかしても驚けないのが泣けるけど。
最近だと上のゲームコミカライズにからめてロッキングガールとか。あれゲーム本編でだりなつ推しすぎてるから今じゃ描きにくくなっちゃったんじゃなかろうか。後は「まーガンガン系だしね」で納得してしまったギャグ王から入ってガンガン系を15年以上追い続けてるヤツの印象。
(そりゃ漫画家だって人間だからアレだけど、ガンガンの場合は件数が多すぎ)



だらだらと書いてみただけ。
ただ、一応あのニュースを見て何か書かずにはいられない程度には、ガンガンの事が心配だったらしい。
うえー、某研究館ばりに説得力ねぇ(笑)。一応、あの人よりはガンガンが好きだーって自負だけはあります。

まー、ただ確かに許可なしは・・・詳しい状況を何も知らないから強くは書けないけど。
正直、ガンガンだといくら面白いマンガを出しても売れないので(ハガレンが特異すぎた)、あの手この手に頼るのは仕方ないと言えば仕方ないとも言える。
(例えば、さっきの話題に絡めて書くと「王様の耳はオコノミミ」とか。これで腕前を見込まれてうみねこコミカライズのメイン担当という大抜擢を受けるものの、夏海先生のオリジナルが久しく世に出る機会が無くなったのが寂しくもある諸刃の剣)

一応擁護するなら、ガンガンってのがマイナーすぎるので(そんでも中堅ポジションだとは思うけど)、ひっそりとレトロゲームマンガやるにあたって、わざわざ許可を取ろうとしなかったのかもしれない。「これくらいなら大丈夫だろ」と、ゲームコミカライズに慣れすぎてて慢心が生まれてしまった的な。
ただ、これだと、規模がでかくなってアニメ化でしっぺ返しを受けたのは仕方ない結果とも言える気がする。そりゃ今のご時勢、レトロゲームのプレイマンガとか、作風しっかりしてりゃ、そりゃ売れる。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
重症コミュ障患者のブログです。
元々は月刊少年ガンガンの感想、写真、地元(宮崎)のネタを細々と更新していました。
(なのでアイコンもその辺り由来でソウルイーターのクロナ。知り合いの絵師、師匠氏(仮)謹製・・・)

今はどれも残っていません。ガンガンONLINEの一部マンガの感想を復旧させたので、共通掲載のマンガに関しては楽しめるかも・・・?
今は副業で始めた高専ロボコンのデータ記事(高専に縁の無い部外者視点です)がメインになってるような。

URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース跡

この欄はもう正常に機能していませんが、撤去が難しそうなので残してあります・・・。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク