FC2ブログ
ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
え、昨日ロボコン全国大会の放送だったの・・・。
ここまで地区一挙放送との間隔が短いとは思わなかった・・・。




見逃した上に、公式の動画も中途半端だから見る気がしないので、開き直って紹介VTRの感想。
これ、近年のロボコン全国大会がやってる「紹介VTRを各チームに自分で作らせる」をそのまま放映してるんですね。
これは凄い!しかも、2010年度の紹介VTRが消えてるのを考えると、今しか見れないかもしれないから貴重・・・。
(NHK自前のストリームだからダウンロードとか難しそうだし)

・・・ってか、どうやって著作権関係クリアしたのかと思ったら、曲がたぶん何曲か指定された中から使う形式に変わったんでしょうね。
ニコニコ動画の「超NoveslM@sterコンテスト」って企画で著作権クリアのためにやってた手法で、今回のPV集も同じ曲を使ってる例が何件か散見されるので、間違いなさそう。



という訳で、どうぞ。
スポンサーサイト



⇒ 続きを読む
うちのサイト、まだ毎月12日になるとヒット数が20弱伸びるんですね・・・。



奇跡的にタイミングが合った。
なので書きます。

もっとも義務化するとアウトだし、何より体調を崩してる状態なので、次号は期待しない方が良さげ。
⇒ 続きを読む
ロボコンの歴史も早いもので、今年で26回目を迎えました。
思えば色々あったものです。

だから。
過去に、こんな大会もありました。



全国大会よりレベルが高かった地区大会。



message00-Chugoku.png


幹事校→津山
司会→高鍬亮、仲間由紀恵
実況→吉松欣史
(なお、AチームBチームは覚えてないので省略します)



そもそも司会の面々の時点でおかしい(仲間さんはTRICK第一シーズン終了直後)。



そもそもPP率80%(12/15)。
全国大会ですら70%以下(16/23)。


群雄割拠と言うレベルでは無い。
⇒ 続きを読む
この年度は全地区大会の録画が手元に残ってるので、いつかは仕上げたいと思ってたんですが・・・。
これも見切り発車で放出します。
全国大会出場マシン以外は抜けまくりです。

ルールは公式サイトの図面を参考にして下さい。
要するに「4つある台座付きのポールの上に自作の造形物を置いてメッセージを披露する」。
ただし、子機だけでもいいので、造形物を置く際にはマシンを高さ1m以上まで上げる必要がある。
フィールドにあるはしごや鉄棒を使うもよし、子機を登らせるもよし、中央の一番高い第4ポールを登って周りのポールに造形物を置くも良し。
4つ全部に置けたら「パーフェクトパフォーマンス」。略してPP勝ちで試合終了。
ロボコン高専部門初の「相手ゾーンと独立した競技」でした。



・・・何?
1地区丸ごと抜けてるって?

全国大会よりレベルが高かったんで後日単独で記事上げます。
(4月11日→既に上げてます、念のため。あと記事の誤植などを微調整)
⇒ 続きを読む
Meitetsu84.jpg

2ヶ月ぶりの写真。
と言っても、諸々の事情でここに出せるストックは大抵打ち尽くしている現状。

とりあえず、鉄道写真でも・・・。
完全にzonoさんのデータベース復旧までの場繋ぎ感覚。
(そもそも向こうが本物の参加者だし)
と言うか書きかけだけど、もう完成の見込みが無い。



全国大会出場マシンと、ついでに思い出せた何個かを書くという適当なデータベースです。
(故意に違った情報を書こうと言う意図は断じてありませんが、それでもミスあるかも・・・)

どのみち録画してあるビデオを見返す暇も無いので、これが限界。
1~2年くらい前にのんびりと仕上げたメモを、そのまま少しタグ編集加えて出しただけです。
本当にメモです。なので書きかけっぽい表現が多数あります。
抜けが多すぎるのはご容赦を、と書くしかない。



補足。そもそものルールについて。
図面はNHKの公式サイトにあると思うので探して下さい。
緑黄色赤の円形の陣地「島」が計10個並んでるだけの非常にシンプルなフィールド。
「海」に相当する部分は親機は上陸不能です。
要するに、島の上で自作の子機「種子」が「生命」に変形したら得点獲得、と言うルール。
生命に変形する(「誕生」と言う用語になります)、って定義が曖昧だけど、「高さ40cm以上に変形し、ピンク色の球体『へそ』が真上から見えるようになる」の2点を満たせばOK。ある程度の変形が必然的に要る訳ですね。

単純に、カラーセンサーで島を感知して変形するマシンを作ればいいんじゃ?
・・・と思いきや、色々なアイデアが出るんですよねぇ・・・。
距離測定式とか、親機と子機を逆転させたりとか・・・。
・・・数撃ちゃ島に当たる形式とか。





Robocon98.png

(2014年7月13日追記→文章を若干手直しして、全国大会のトーナメント表を覚えてるぶんだけ作成しました。試合の勝敗だけはこれで間違いありません)
⇒ 続きを読む
キリが無いので基本はミッドナイトチャンネルの地区一斉放映待ちだけど、ロボコン2013のストリーミングを一部見てみました。


北海道
苫小牧クジ運ひっでえぇぇぇーーー!!!
去年のiRodを思い出した・・・。
いや、マジで早かった。旭川をあそこまで追い詰めるとは。歴代苫小牧高専屈指の戦闘力じゃなかろうか。


東北
八戸、納得の地区優勝。1回戦だけ見たけど、この安定性なら頷ける。
・・・全国ではクジ運が悪かったんだなー。


関東
航空(荒川)、2年連続トビハゼとは。そして早い。
なのに全国大会では0勝。なんでかと思ったら・・・和歌山と奈良に1つの大会で一度に負けられるとか逆に強運。いや、凶運。


中部
それにしても、この実況ノリノリである。
「これでいいのか高専生」ボロクソやねぇ。
テンポイントシューター以来のボロクソ実況かもしれん。まぁ石川が強かったからいいけど。
全国では相手が悪かった。
SuLuMe、この挙動の不安定さはなんとも言い難い・・・もう少しなんとかならなかったものか。
ただしロボコン大賞は遠慮なく持って帰って下さい。この企画で風船持ち出すとか、もうドリームすぎます。ジャンプと言う「アイデア以前にマシンの剛性やらが試されてしまう競技課題」でこれをやってのけた意義を加味すれば、本来順当なアイデア賞辺りの上の賞になるのは納得かなーと。
ただロボコンイベントでの実演が難しそうなのはご愛嬌・・・。うちのMちゃんもそうだけど、外装と一体化したチャーミングなマシンは辛い。特にここは大変そう・・・ヘリウム風船に顔をつけて、さらに風船を調整しないといけないので。
鈴鹿、正に狂犬。
実況を聞いて「え!?マジ!?」と思ったら操縦者が本当にEmperorの飼い主のあのお方だった。マジかよ。
もっともこのマシン、全国では覚醒したらしいですけど。あの鹿児島が普通に負けるとも思えないし・・・。
岐阜はPETLIANと同じ操作方法ですね。またしても優勝候補でありながら準決勝と言う早い段階で散るとは・・・。


近畿
なんと去年と実況者も応援レポーターも同じ。こんな事あるのか。
去年は奈良で今年は大阪が幹事だったらしいけど・・・。
じゃんぺん・・・来ると思ったよ!去年が2年生メンバーでベスト8行ったから今年は凄いんじゃないかと内心思ってけど、やっぱり同じメンバーが帰ってきてたよ!そら最強だわ。
(うろ覚えだけど、確かiRodじゃなくてMechaPonのほうのメンバーだったような気が・・・)
これは凄い。小型ペンギンである事によって、ペンギンの体型を生かした低重心ジャンプでシンプルイズベストの機動力を確保している。恐ろしい。トドメに可愛い。素敵。
zonoさん予言大当たりのウメンジャー。無駄の無い、けど、ここ数年の和歌山らしい「最速タイムは早いけど1つのミスが命取り」タイプでした。


中国
「色とりドリィ」って名前、実は98年度の小山が「いろトリドリ」ってマシン出してたんですよね(デザイン賞)。なので若干分かりづらい。
ただ地区大会の時点でも、これを改良すれば全国優勝だなーと納得できる戦闘力。
じゃんぺんが微妙に詰まってたから、米子が地区最速タイムだったのかな?回数は別として。
と言うか米子は米子で珍記録である。なんと全国ベスト4でありながら中部地区にしか勝っていない。


四国
この手のテーマだと詫間の独壇場かと思ってたけど・・・うーん、シンプルすぎて安定性も微妙そうに見えた。
「南風おどり子隊」のジャンパー・・・こんタクトの伴走者じゃないか!確か去年が4年生だったはずだけど、最後の年にも参加してくれてて嬉しいです。鈴鹿も同様。
納得のアイデア賞。分離ジャンパー自体はダンシングカップルで北九州がやってたらしいけど、この企画でやるとは。
ただ、相手が悪かった・・・高松、これシルクトレーテイクスのメンバー?違うかな。


九州
13-チェスト、この戦闘力で九州地区の推薦に選ばれるとは。
いや、九州って最近は優勝マシン以外のツワモノは選ばれない傾向にありますし・・・。
それにしてもこの孫悟空、ノリノリである。都城は最近はアイデア重視型になってますね。
八代が1回戦で姿を消すとは思わなかった・・・。
熊本電波、この企画難易度で地区大会の開催時期も早かったのに、よくもまぁここまで作ったもんだ・・・。



・・・いやー、苫小牧が衝撃的すぎました(笑)。
もっとも、苫小牧は2010年度に国技館初勝利は達成していたようで・・・。
ガンガン感想は再休止になりそうです。



単純明快。
スケジュール的に、ガンガンが売り切れる前に近所の本屋に行く時間が取れないというとんでもない事態になったので、チェックメイトとなりました。

・・・本当に参った・・・。
(あ、もちろん見つけたら読みます)



ガンガンONLINEで黒の探偵を連載してるっぽいけど、3ヶ月くらい差がありそう・・・。
代わりに「アイドルマスターニュージェネレーション」を見た。なんだこの上手さは。不憫枠が2人だったからこそできる、かつ卯月と未央の性格もちゃんと生かした展開。前に割と微妙な感想を書いてたので再度見たら凄い事になってた・・・。このゲームの問題にも触れてるし(凛その他の人気アイドルだけ扱いが良くなる)。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
重症コミュ障患者のブログです。
元々は月刊少年ガンガンの感想、写真、地元(宮崎)のネタを細々と更新していました。
(なのでアイコンもその辺り由来でソウルイーターのクロナ。知り合いの絵師、師匠氏(仮)謹製・・・)

今はどれも残っていません。ガンガンONLINEの一部マンガの感想を復旧させたので、共通掲載のマンガに関しては楽しめるかも・・・?
今は副業で始めた高専ロボコンのデータ記事(高専に縁の無い部外者視点です)がメインになってるような。

URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース跡

この欄はもう正常に機能していませんが、撤去が難しそうなので残してあります・・・。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク