FC2ブログ
ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
BookZone9.jpg

とりあえず1枚だけ。

割と非日常。
スポンサーサイト



まさかあの記事を書いた直後にテレビで木城町が出るとは・・・。

アイ観光バス、役得。
あれだけ来てどこに泊まるんだ?と思ったら高鍋に亀の井ホテルがあった事を思い出す。
その手があったか・・・。
父が色々調べた結果、木城にあの不可解にでかい公園があった理由は揚水式発電所の建設にあたってお金が来たからじゃないか、とのこと。
(揚水式発電所→巨大なポンプで水をダム湖に組み上げる発電所。発電所というよりも、巨大な電力貯蓄施設)
それにしても、このカップル達は後が続くかぁ?紳介さんの企画にはよくある事ですが。
とも思ったけど、正直1組でも残ってくれれば御の字なので良しとする。それくらい田舎は機会がないのです。住めば都なんですけど・・・。



拍手返信代わりに某所の橋脚写真にコメントしようとしたら失敗した。
あれー?合格おめでとうございます。
とりあえずここでタイマー更新止めます・・・。



BookZone8.jpg

こんな場所。



「木城えほんの郷」

宮崎県中央内陸部、木城町(きじょうちょう)にある観光施設。
ただし、結構細長い木城の一番奥(市街地は一番手前)と言う秘境に存在するため、県内でもイマイチ知名度は低い気がする。
家族の遠出で木城町の市街地を通った際、「これを逃したら99%一生行かないだろうな」と決定して行く事になった、という少々申し訳ない動機で訪れました。

・・・遠さ以外は素晴らしい場所でした。
遠さ以外は。
(木城の市街地からでも25分掛かります)



今載せてるのは、ここの写真です。
全部で30枚。
ちなみに、全部新機材のOptioP80で撮ってます。
BookZone7.jpg

学校にトラウマのある僕でも、もれなく郷愁を感じられます。
下駄箱ゾーン。



※タイマー更新中。リアルで何かあっても反応できないかも。
BookZone6.jpg

それでも絵になる。
あえての平常運転中。
(ぶっちゃけるとタイマー更新)

・・・写真やってるからには、少しはヒーリング効果を期待してみる。
というか、本当に危ない人はここ見てないんでしょうけど。



BookZone3.jpg


BookZone4.jpg


BookZone5.jpg

クリックで壮大になります。
BookZone2.jpg

正真正銘、本当の森の中に作られた観光施設の写真。

車を運転してた父曰く「こりゃもう一生行かないだろうな」。
行き当たりばったりで進路を決めて貰ったので・・・。
BookZone1.jpg

しばらく、落ち着けそうな場所の写真で。
下の高級車は御愛嬌。

ちなみに私用でコメント返信がしばらく止まります。まぁ需要は無いでしょうが一応。
OptioP80、2010

あえて、普通に更新します。

いつも通りに。ただし募金箱には無言で突っ込む。
いや普通に赤団白団言いませんか・・・?(滝汗)
けど確かにマンガやらだと「赤組白組」だよなぁ。けどトップを団長って言いますよね?組長じゃアレだし。

ちなみに見逃した(号泣)。親から話で聴いた。
「この彼女はフィクションです」が単なるヤンデレになって涙目です。



要するに、創作キャラクターに対しても倫理教育は必須だと言う教訓ですね。
何の役に立つんだか。
RainyTime88.jpg

自分は雨写真を大量に撮ってるのですが、その中でここで出せる写真は個人の事情で出せない分を含めても1割にも満たなさそうだという事実に気付いた。
もっとも、過去ログ置き場で更新してる時は大量にアップロードしてましたが・・・割と、クオリティがピンからキリまでになる傾向が強くなってしまう気がする。

この写真は、そんな中の数少ない1枚。
「秘密兵器」使用でございます。これの正体はもう明かせなくなりそうなんですけど・・・。



雨の写真は、昔は本当に力を入れて撮っていた。
ここ最近は忙しくて写真そのものを撮る機会に恵まれなくなったんですけど、それでも2~4年前は雨の中の大学近辺を傘を差して30分程度、一番酷い時は3時間延々と歩いて写真を撮ってた。
(大学がバレる可能性があるので大半は出せませんが・・・)
今でも、たまに1日に30枚近く撮る時がある。

・・・ただ。
このAQUA CRESCENTが無かったら、間違いなく撮ってはいなかった。
自分は「雨の写真を布教する」ってのが目的なので。月刊少年ガンガンと同じ、「自分以外にいないから」が強い目的。

不思議ですよね。デジカメって1年に日本では50万台売れるらしいのに、その中で雨をテーマにして撮ってネット上でお披露目する人をほとんど見かけないって。
自分が調べてないだけかもしれませんが、有名なのは「雨日和」くらい。空や雲の写真を撮ってる人は相当な数がいらっしゃいますが。
カメラが基本的には水に弱い、ってのもあるでしょうけど最近は防水が静かなブームになっている。それでも少ない。

だから、撮る。
そもそも、雨って単純に綺麗じゃないですか。だから、デメリットを押しても撮る価値はあるはず。



・・・けどなー。
撮ったはいいものの、場所が一発で特定される電車が映り込んだ写真が50枚くらいあったり、例によって夜に出かけたら高感度に弱くてまともな写真にならなかったり・・・。

これで、どう布教しろと言うんだ。
そんな写真がフォルダの中に大量に転がってた。

「デジカメだから撮る分にはタダ」
そうは言っても、50枚撮った写真が1枚もここでは出せないという事も日常茶飯事だった。

僕は、雨と戯れるのを楽しんでいたのか、雨を布教したかったのか。



こういうのを、胡蝶の夢と言うらしい。
Spring11.jpg

そんな訳で、こんな写真。
毎度、春に出そうとして出し損ねるのが桜の写真なので。
Monochrome10.jpg

写真のタイトルを「モノクローム・レイン」にしようとした所で安直すぎると気付いて某アニソン(名前しか知らなかったけど)の歌詞を拝借して改変。某Jに怒られそうだけど気にしない。

ちなみに実は白黒加工してません。
アップロード後に気付いた。



これ、1万6千円のコンデジだぜ?

口癖。コンデジ使ってるやせ我慢とも言う。
けど、かなり白黒写真っぽい感じを出せたと思う。退廃的と言うか。
白黒写真ってなんとなく、撮る人は退廃的な写真ばかり撮るようなイメージがあります。自分の偏見ですけど、こういう虚無感のある、何も生み出さなさそうな雰囲気のが好まれそうだなーと。

パワーはあっても「だから何?」と言いたくなるような写真が多いのです。
こう考えるようになった決定打は、アサヒカメラの誌上コンクールの写真で、捨てられたダッチワイフが空き地に転がってる写真が白黒の部の大賞を取ってた事ですが。2ページ見開きで掲載されてた。
勿論、あの写真は露出とか色々考えられた上で撮られた、自分には絶対撮れない写真なのだろう。だけど、あの写真を見て「あぁ、これは僕の撮りたい写真じゃないな」と思った。

あの写真がアサヒカメラという最大手のカメラ雑誌で大賞を撮れるのなら、自分は写真を習わなくていい。
というか、あれ写真上級者にはウケても素人には絶対に受けないと思うのよね。
閉鎖的なのは好みじゃない。
ShinyExpress5.jpg

九州新幹線?あぁ、ねぇよんなモン!



・・・それでも787系が宮崎に戻って来るのは有り難いですが。
お古とは言え、お古の常識を超えた性能。当時のJR九州の全身全霊ですし。

ただ、485系消えるんですね・・・。
5両編成国鉄色がいつの間にか増えてたらしいので、撮りたいんですけど・・・485系に限らず、リバイバル運転系の情報が全く入って来ないし調べ方も分からない(鉄道ジャーナルとか読んでも運転後に載るし)のも痛い。
RainyTime87.jpg

雨の降ってない雨写真。
先週とは違って、こちらは雨上がりの水たまりです。



・・・とまぁ、挑戦的な事をしてはみたものの。
雨の写真は結局人工物が映ってしまうのが難点。
これは自分が雨が降った時に出掛けて撮る、というのを繰り返してるのが大きいんですが・・・。

最も有名な雨写真ブログ「雨日和」でもその傾向ですね。
と言っても、あそこはデジタル一眼レフistDs(懐かしいな)の出力を生かしてボケ味中心に撮ってるのに、うちはコンデジだからそれは不可能。もっとも、テレマクロに強いCaplioなんである程度は太刀打ちできるんですが・・・。

デジタル一眼レフ買ったら作風が変わるのかなー。
自分にとっては最早、コンデジの裏面照射CMOSの高感度でも十分なくらいに低感度に慣れてしまったので、デジタル一眼レフとの差異はボケ味を生かした写真が撮れるか、なんですが。

・・・と、雨の写真は他にやってる人がいないので、どう撮るかは自分で結論を出さなければいけないという悲しい現実と今日も格闘。
まぁ、この写真撮ったのは4年前ですけどね。



あとアホがいた(DPZ)。しかもDPZ編集長が事前にやってた。アホか(最上級の褒め言葉)。
CaplioR1が手元にないのが実に惜しい・・・!
でも、あれー?OptioP80は40cm飛びましたけどね。この機種はM40かな?
そしてキャノンの結果が流石と言わざるを得ない。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
重症コミュ障患者のブログです。
元々は月刊少年ガンガンの感想、写真、地元(宮崎)のネタを細々と更新していました。
(なのでアイコンもその辺り由来でソウルイーターのクロナ。知り合いの絵師、師匠氏(仮)謹製・・・)

今はどれも残っていません。ガンガンONLINEの一部マンガの感想を復旧させたので、共通掲載のマンガに関しては楽しめるかも・・・?
今は副業で始めた高専ロボコンのデータ記事(高専に縁の無い部外者視点です)がメインになってるような。

URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース跡

この欄はもう正常に機能していませんが、撤去が難しそうなので残してあります・・・。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク