FC2ブログ
ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
RainyTime85.jpg

3年前にCaplioR1で撮影した写真。

宮崎の橘通り・・・宮崎県最大級の交差点にて。
9月の中旬だったのですが、一応土曜日。流石に車の量が凄いですね。雨の日なんですけど。
そんなシーン。



・・・そういや、2記事前のマガジン感想が2500記事目だったのか。
結構進んできたなぁ。
正直、このサイト5年やってきて、まだガンガン好きって相当ですよね。そうだと信じたい。
まだまだ3年は最低でもやってけるかな・・・?あと、もしガンガンが嫌いになっても、自分は好きだった時代を誇りにしたいですね。

これが今年最後の更新となります。
よいお年を。

これが、雑記集を兼ねた記事になります。
この記事のコメント欄に、ちょっかい入れてるかも知れません。
スポンサーサイト



なんかクリスマスなんで色々語ります。
クリスマスは家族と過ごす派ですが、5年連続1人。



このブログでは雨の写真と言うジャンルが推されてて、自分はそれを本気で表現として取り組んでますが、他にやってる人は相当に少ないです。
まぁ、雨の写真も86枚出したとはいえ不定期止まりなので、それはともかくとして・・・。

ガンガン感想。
本当にやってる人が少ない。
ジャンプ感想と違ってコミュニティとして成立する領域にまで達してないから、と言うのは大きいと思うのですが、それにしたってやってる人が少ない。
うちはガンガンが立ち読み不可能になった(スクエニへの不買運動では断じてない、実家で買って貰ってる)ので今年はガンガン感想が2回くらいしか書けないと言う惨状になった訳ですが、結果、他にやってる人がほとんどいないと言う状況になってきました。
今ではぬわーる@闇さんも、書斎の住人さんも、ねこかんさんも、ガンガン感想をやってない。エクセルさんもやってない。自分が以前作ったガンガン感想のリンク集は、もう機能してないんだろうな。



・・・なんでこんなに少ないの?
いくらなんでも異常。

ガンガンって、雑誌そのものは結構メジャーな領域のはず。
まぁ問題が山積してるのは間違いないですが、ちゃんとアニメ化する作品も出してるし。けど、それに比較した際の感想の少なさが異常。
ってか、今まではハガレンの感想だけを書いてる、って人だったら下手すれば1000人はいた。けど・・・それが全部ごっそり抜けただろうから、ネット上では全滅に近いんじゃなかろうか。
(ちなみに未だに「ガンガン感想」で検索するとハガレンの感想ばかり引っ掛かります。ハガレンのガンガン本誌感想界隈ではハガレンのみの感想をガンガン感想と称してたので)

そもそも、月刊少年ガンガンに雑誌感想と言う概念が存在しなくなる領域まで行ってるんじゃなかろうか。
被害妄想だろうけど。

・・・あー、例によって何が言いたいのか分からなくなってきた。



何が言いたいのかと言うと、このブログで手を出してるジャンルって本当に他の人がやってないジャンルばかりなんだなーと。
良く言えばオンリーワン。

けど・・・。
自分がやってるオンリーワンのジャンルは、「なんで誰もやってないの?」的なジャンルばかりでして・・・。

月刊少年ガンガンってハガレンが抜けた後でも流石に10万部は売れてると思う。
けど、感想を書いてる人が1万人に1人って凄くないか?

まぁ、少年マンガジャンルですし、年齢層低いと感想と言う域に達しないのかなーとは思います。
けど、ジャンプと比べた時の規模の小ささが異常。
感想はマガジンですら少ないし、それはジャンプ感想がコミュニティ化してるのが大きいと思うんですけど・・・。



とにかく、自分のやってる事って、自分が変人なのを差し置いても他にやってる人がいない。

正直、精神的に凄くきつい。
自分のやってる事に明確な意義が現れるのは嬉しいけど、正常な人間じゃない事が次々と証明されていく訳だから相当にきつい。
孤独感以上に、それが痛いです。



それでも、頑張らないとなー。
ガンガン感想、今年の春に再開できればと思ってます。
大好きですから。
今年最後のマガジン感想です。

同時に、毎週更新はこれで終わりとなります。
これからは、また不定期でお送り致します。

では、どうぞ。
⇒ 続きを読む
Sekinoo2007-32.jpg

関ノ尾の滝の駐車場から。
この田んぼは、関ノ尾の滝の川(庄内川)から水を引いてるのかな。
あと、結構トンボが映ってますね。撮影は夏の終わりだったはず。



これで、このシリーズは終わりです。
後は、クリスマス辺りが今年のラスト更新かな・・・。
Sekinoo2007-31.jpg

実際は水が流れてるぶん後ろに滝があるのがはっきり分かるのですが、写真だと・・・。



業務連絡。
年明けから更新縮小を考えてます。

それこそ、かなり遅くなります。
日刊だと、大き目の記事(過去写真のまとめとか)を出しにくいってのもありますし・・・。
土日くらいは更新したいんですが。
相棒見てぶっ倒れてました。

アレだ、誰に向けたドキュメンタリーだったのかね。
相棒に一切関係のないTwitterでも「やばい」と評判(悪い意味で)。Twitterやってない自分の巡回範囲内であのリアクション。櫻井さんのファンの方もドン引きする有様。

・・・来週視聴率下がってたら、やっと笑い飛ばせると思います。





Sekinoo2007-30_1.jpg

男滝放水路、真上から。
流石にこのアングルから滝を見られるのは珍しい。人工の滝だけど。
⇒ 続きを読む
Sekinoo2007-29.jpg

自然って偉大ですよね。



絶滅魚の再発見でビックリ。
クニマス・・・見覚えのある名前だと思ってたら「田沢湖の絶滅した魚」と言われて思い出した!
あれかー!確か田沢湖のwikipediaとか何かで見た覚えがあるぞ。
流石はさかなクンとしか。しかも京大が組んでたら・・・ねぇ。そりゃ奇跡も起こるわ。
情報が8ヶ月遅れなのは変な問題が起こらないようにするためかな?
北海道新聞マジかっけー。
確か「乙武レポート」で過剰取材やってたとか書いてあった気がするけど、意外とやるもんだねぇ。
前に僕が書いたこの小説この小説って、完成度を高めれば昨日の相棒になるんだろうな。
ああいうのを書きたい。

ただし、エンターテイメントの範囲内で。



櫻井さんの脚本は、たまに「社会派脚本」ではなく、「相棒を『利用した』社会派ドラマ」になるから困る。
(「編集された殺人」辺りはまだ事件性が大きかったけど・・・。あとナンバー2だけあって実力高いし)

ってか、相棒は脚本家が複数いるって事を知らないと真っ青になるレベルに達してしまったんじゃないのかこれ。
キャラを作った興水さん。社会派重厚路線の櫻井さん。変則的な砂本さん。安定性の高い戸田山さん。派手さなら最強の古沢さん。丁寧に描く岩下さん。最近入った徳永さんと太田さん。

上にリンク貼った僕のテキストはエンターテイメント性に著しく欠ける事に気付いて出せなくなってしまった小説だけど、突き詰めればああなってしまうんだろうなーと。
うん、やっぱ切って正解だった。
だけど、ああいうのが描けるから創作の力って偉大だと思う。
そして、それを理解してない人が英雄気分で線引きするのは一番よくないよね。
Sekinoo2007-28.jpg

森は静かに万物を見つめる。



当時このループした木を見た瞬間、圧倒されたのを覚えてます。
なんとか撮りたいと、手ブレ抑えるのに四苦八苦しながら撮影。
(毎度言ってるけどCaplioR1は恐ろしく手ブレに弱く、そもそも森そのものが被写体としては手ブレ量産地帯)

10年前から訪れてる場所なのに、初めて存在に気付いた。
写真を撮るようになったお陰なのかな。
Sekinoo2007-27.jpg

「男滝放水路」に繋がる用水路の入り口。

白飛びはCaplioR1、ってより6年前のデジカメの限界か。
ダイナミックレンジ拡大、なんて要素が無かった時代だもんなぁ・・・。それこそ、広角もリコーしかやってなかったし。



とんでもない記事を見つけた。
写真の盗作に対する裁判の記事。

そもそも和解案を、まともに裁判に出なかった盗作した側が出してるってだけでもアレなのに・・・。
こんなんやられたら写真ブログなんてやってられなくなるんですが。
ブログだと日付がいくらでも変えられる以上、先に出したも何もあったもんじゃない。ってか写真でまで盗作やられたら、もうどうしようもない。

・・・うちは盗作されるような腕前も無いし、撮ってる写真が観光地とか中心だから気にする必要はないんですけど。そもそも宮崎を広めた時点で勝ちだし。



東京都知事のアレといい(そもそも「該当する性描写のマンガは見た事ない」と発言したらしい)、もう法律って何なんだって話になります。
(ってかアレ、ちゃんと少女マンガも取り締まるんですよね?)

穴をくぐりぬけるためのものなんでしょうか。
まぁ、1日8時間労働を守ってる企業なんて一つも無いけど。
実家の方で先月のガンガンを買い逃したらしい。



マジかよ。

あー、アレだ。
リアル事情+家庭の事情でガンガン感想を封印してるのですが、場合によっては家族に内緒で来年からガンガン買い始めます。
毎月500円の出費くらい痛くないし。

そうなると最悪の場合は自分のリアルに響くんですけど、今ガンガン無しで我慢できてる理由が吹っ飛んだら割と精神吹っ飛ぶので。
そもそもテレビや冷蔵庫が無い生活って割と自分の非人間度を助長してますし。パソコンありゃ十分だろってツッコミ来たら終わりですけど・・・。



・・・今日、街に出たんだよなぁ。
12時間早く買い逃しを知ってれば、先月のガンガンが置いてありそうな本屋漁れたのに・・・。
そして来週から街に出る暇が無くなります。もう勘弁してくれ。何このタイミングの悪さ。

ってか昨日146ヒットかよ。
本当にごめんなさい。リアル事情で書けません。
むしろ今まで5年間もずっと書けない状況だったのに立ち読みで必死に書いてた。



という状態なんで待って下さい>拍手の方
ハガレンが終わった現在、数千万人が利用してるネット上でも何故か数名しかガンガン感想書いてる人がいないって現状がある限り、自分は再開します。
これでも未だにガンガン好きなんだぜ。欠点あるのに補うくらい好き。

来年の春再開予定。
と言う訳で、だいぶ前に予告してた通りに。
月刊カメラマンでたまーにやるプロカメラマン同士の腹黒一眼レフ対談の感想です。
まあ、この辺りは連動して行った一眼レフの性能テストのやり方が間違ってるとかCAPAで馬場さんが突っ込んでたし、信憑性があるか怪しい部分もあるのかもなーと思うのですがネタ的に書いてみます。

そもそも、自分デジタル一眼レフ買えないですから!わーい!
間違った知識持ってても生かしようがないまま終わるさね。
そんな身の上なのでネタ的に楽しんで頂ければ。

ちなみにこんな知ったかぶり記事を書けるのは、5年間写真ブログをやってきて一回たりともカメラ関係の話題に詳しそうな方に突っ込まれた事が無いから。
写真自体には触れて頂いた事ありますけど・・・。

本当の写真ブログ的な読者層の方々(=本気で写真に詳しい方)は間違いなく見てないでしょうね、このブログ。
あくまでガンガン感想サイトって事なのかな、うちの本分は。



注:ガンガン感想はありません(号泣)

ヒット数えらく多いと思ったら・・・この記事で勘弁して下さい立ち読み不能になって休業中なんです(涙)。
それにしても表紙を見たけど近木野先生のカラー雰囲気変わったなー。
そして、次号予告を公式サイトで見たけど・・・ガンガン正気か!?いやソウルイーターに頼り過ぎだろ!確かに面白いマンガだけどあくまで「主力」であってハガレンみたく軸にしたら吹き飛ぶって!
⇒ 続きを読む
Sekinoo2007-26_1.jpg


Sekinoo2007-26_2.jpg

期せずして冬っぽい写真になってきた。

2パターン。
今までコンパクトデジカメで必死に粘れてきたのは、このCaplioR1のテレマクロ機能がある気がする。
Sekinoo2007-25.jpg

小さく切り取ったワイルドな流れ。



今年はクリスマストップ画像が思い付かない。
改装しちゃったからなー。しかも今までは師匠の絵があったから三日月要素があった=例のクリスマストップ画像の青い三日月が有効に働いてたけど、今回はそうも行かないから困った。

つーか、アレだ。
あのトップ絵が5年前の実力だったりするんだよな。プロフィール画像のクロナも5年前の画力です。
師匠って呼び名にして正解だったわ、ホント。まぁ「画伯」もアリだったんだけど。最近ぷっすま見れてないし。
あと某所でエラルド・コイル的な芸当(謎)をやってのけてたりするんだよな、彼女。ホント凄いわ。

しっかし、自画像どうしよう。5年間クロナは流石に変えたくなってきた。
好きなキャラはいるけど別名義関係なのでパス。うーん・・・ここは写真やCaplioR1を置くと味気ないからマンガキャラ枠って事でバランス保ちたいんだけどな。あえて連載終わってるけどあずみゃーにするか?でもクロナって性別分からないからこの枠に収まりがいいと言う事実に今更気付く。そこらの男の娘とか言う芸当にはできない荒業。

・・・ん?ナナ辺りならいいんじゃね?
今度新トップ絵の案を練って発注掛けてみようかな。師匠に時間が出来たら、ですけど・・・。

3話連続でゼロクロイツを読むと言う荒業をやってのける。
(昨日の深夜3時に2話見て、昨日の夜に1話見る)
結局、ガンガンONLINE唯一の購読マンガになってしまった。かへたんていぶとかキタキタとかばらかもんとか気にはなってるんですけど、一度途切れたのが厳しい・・・。

今イーモバイルを使ってるのですが、実は少し前まで1ページ読み込むのに1分と言う酷い有様だった。
ところが昨日は5秒で済んでしまった。
あー、こりゃ問題なのはイーモバイルだったんだな・・・。

とりあえず、STRAYKEYSの話がこの前出たので、アンパッサンを見てみた。
あらすじ無しで柚木先生のマンガを読んだ時点で無謀。しかしあらすじの「ネガティブキング」が個人的にダメだった。あらすじ後回しで正解(笑)。
って、よく考えたら第1話見れるのか。これは大正解。ただ、あらすじで見る気を失くす。



ちなみに肝心のゼロクロイツの感想は無し。

アレだ。
こう言うマンガも一つの形ではある、んだけどさ。
僕は「あんたに勝って、死なせはしない!」ってマンガの方が好きなのよね。
業務連絡。

マガジン感想は来年から不定期に戻します。



元々ガンガンの代替として始めましたが、これから忙しくなるので毎回更新は打ち切ります。
1週辺り20分も掛からなかったりする場合もあるのですが(ガンガンは1ヶ月につき3~10時間)、やはり週刊継続ってのは割と痛いもので。
今回もダウンして、結局深夜3時に書くという事態に・・・。

まあ、半永久的なマガジン感想の週刊化は考えてなかったんですけどね。
脊髄反射で書いてしまっているので。
不定期ってスタイルが一番割に合ってると思います。需要も未だに不明ですしね。



では、本題。どうぞ。
テンプレートに沿って書いただけなので順番は壊滅してます。
⇒ 続きを読む
Sekinoo2007-24.jpg

Stream Art



今更ですが。
この関ノ尾の滝は子供の頃から何度も行ってた場所です。
観光地系統の場所では一番多く訪れてるんじゃないかなぁ。今でも3年に1回はコンスタントに行きますし。下手すりゃ10回は行ってるんじゃないだろうか。

自分はデジカメを買う前はコンパクトデジカメをもっぱら使ってました。
そして、初めて「作品らしい写真」が撮れたのも、この場所。
今アップロードしてる写真を撮った2007年には愛機CaplioR1も手に馴染んでて、その状態で再訪する事が出来て嬉しかった。

あの写真、スキャナー使って取り込んでおけば良かったかなぁ・・・。
今度実家に帰省した時に載せるかも。
Sekinoo2007-23.jpg

関ノ尾の滝の上流部分。

むしろ、こっちの珍しい地形がメインだとする人も。
(地学系の人とか)
撮影者の影は見逃して下さい

秋なんて無かった。
今年の風はいきなり夏から冬に代わり、秋というものは5日程度で過ぎ去ってしまった。

けど、木々は秋があった事を刻んで赤く染まっていた。

新機材で撮影。2週間前だったかな。
Sekinoo2007-22.jpg

男滝。
切り取り方を変えると、こんな光景になる。

実際はもっとよく見えるんですが(流れがあるし)、動画にするか、一眼レフで木々をぼかすかしないと見たままを表現するのは難しいですね。
Sekinoo2007-21.jpg

何の工夫も無く流れを撮っただけ。

これでも絵になるから観光地なんだろうな、とも。
(こう言うのを撮る人は少なさそうですが・・・)



もう12月ですね。
年末は、去年と同じく、つまらない特番をかいくぐって面白そうな特番を探しながら過ごす事になりそうです。
こうして見ると紅白って何気に凄いですね。2、3年前のGacktVS小林幸子最終決戦は母と一緒に腹を抱えながら見てた記憶がある。
さっくりと。
何だかんだで40分くらい掛かってしまった。中身スカスカだけど。
⇒ 続きを読む
3ヶ月ぶりのカテゴリー起動になります。
ホント、今の生活環境が泣ける・・・自業自得なんですが。

実はガンガンはおろか、BAMBOO BLADEの単行本も買えない現状でして。
なんせ「物資を減らす」が今の生活条件に近いので(今住んでる場所は冷蔵庫とテレビすら無い)、ガンガンなんて地雷。バンブーも「12月の帰省狙い」だったりします・・・。
YGは立ち読みしてるけど、バンブーの最終回はあえてスルーしたので未だにブラックボックス。どうしよう。
そもそも、単行本を急いで買う習性が無いんですけどね。

と言うか、その規制に引っ掛からない(実家で取り置きして貰うの難しいから)のもあって、月刊カメラマン買おうとして思ったけど・・・ガンガンの月500円って相当に安い。
色々あってまだ買ってないけど、確か月刊カメラマンは800円前後だった気がする。少年マンガと違ってニッチっちゃニッチな市場(カメラマニア向け)の雑誌だから仕方ないのかもしれないけど・・・。
ガンガンしばらく読んでないけど、読める環境になったら絶対に買おう。あ、例によって実家で買って取り置きして貰ってます。
(ちなみにカメラマンの対談は感想書くかも。まぁ、CAPAの馬場さん曰く信憑性に欠ける箇所があるらしいですが・・・なんだっけ、ISO同じにしてテストしてたけどISOはメーカーごとに実際の値とズレてるはず、とかそんな感じの)

ガンガンも表紙は見てる。
そして物欲しげに見てる自分を見たイチローがGファンタジーを買ってくれました。なんちゃって。
屍姫じゃパワー不足だし、表紙が全号ソウルイーターも覚悟すべきか・・・?
と思ったら、11月号の表紙がインデックスと風斬氷華さんだった。
そしてガンガンNET見たら次号の表紙もおそらく禁書目録。

・・・えー、メチャクチャ驚きました。
確か、禁書目録の表紙は2007年12月号以来だったはず。
この前の5月くらいに調べた記憶があります。なので相当に驚いた。レンタル品だから問題はあるかもしれないけど、こんな切り札が表紙に上がらないとは。
(うろ覚えだから信憑性に欠けるけど、相当表紙回数が少なかったのに驚いたのは間違いないです。確か第1話の号と、あと1回くらいしか無かったはず)
そんでもって、今になって切り札として突如覚醒。上記の理由により存在を忘れてたので逆に驚いた。
ハガレンとソウルイーターに独占しまくらせてたせいで、登板する機会が無かったんだろうなぁ・・・。

風斬氷華の名前を思い出すのに30分掛かった。
ちなみに禁書目録は前にかなりの分量のネタバレを仕入れたのですが(まぁこのマンガならそれでも楽しめるし)、それによると風斬氷華の設定が自分が考えてたオリジナル小説の肝となる案とかなり被ってて参った事がありまして・・・。
確か前にも言った独り言ですが、そろそろガンガン本誌でも解禁されてるはずなので再度。
そもそも、そのオリジナル小説が完成するかが問題ですが・・・いつか完成させると心に決めてるけど(それこそ数十年掛かる覚悟はできてる)。

どうでもいいけど、黒子って特に理由もなく気が付いたらお姉様に惚れてたタイプだったらしいですね。
(レールガン3巻のカバー裏に過程が載ってるみたいですが・・・)
うーん、ちょっと残念だったかも。このダメっぷりで実は風紀委員と言う真面目な事やってる辺り相変わらずツボなんですが。まぁ俺の嫁的な発想は絶対に出てこないけど(二重の意味で)。

うーん、それにしても流石に交代制は無理がありやしないか。
たぶん、今のガンガンなら1年くらいはソウルイーター→禁書目録、のループを繰り返すと思うんですけど・・・。
なんせ、ソウルイーターも禁書目録も主要メンバーが女だから表紙が少年マンガっぽくなくなると言う欠点がある気がするのです。

ソウルイーターはブラック★スターが表紙を飾れば大丈夫。
キッドはトンプソン姉妹の人数に負けるので少々厳しい。
マカは・・・そもそも「ソウルが単独で」ガンガンの表紙を飾った事ってあったっけ?あれ?今度調べてみます。

禁書目録は・・・表紙をメインで飾れるキャラが上条とインデックスと、百歩譲った場合は神裂と美琴と言う状況。
アクセラレータは難しいだろうし、土御門はコミック版で削減されてるので論外。ステイルは・・・神裂がいるから難しいだろうな・・・。
美琴は流石にレールガンに遠慮して出番が少なくなると思う。

・・・と言う訳で、ブラック★スターと上条以外は全員プリティーでビューティー系な表紙になってしまうと言う事態に!これガンガン!?いつぞやの御主人様や藍蘭島と比べたらマシだけど!

屍姫・・・はダメだ。
トライピースは表紙で女装は流石にするまい、これが候補か。
バンブーBも上2つより登板回数が少なくなるだろうし、そうなると毎回ユウが表紙に上がる事になると思う。
残る表紙を飾れそうなマンガは藍蘭島(行人は表紙無理)に、ブラッディクロス(エロス表紙確定)に、HEROMAN(良心枠か)に・・・いや、これ以降はKHとランデイバースト辺りしか現実味が無いか。

うわー、こいつは参った。
ガンガンが今のスタイルを続けると、割と困った事態になる気がする。
そんな訳で表紙マンガをある程度は拡散させて欲しいです。ソウルイーター→禁書→その他、のループくらいまでには。

(12月12日)そうか、禁書アニメ化中なんだった・・・。アニメなんて見る習慣がないので忘れてた。
終わったら状況が変化するんだろうか・・・?


とある事情により、STRAYKEYSの内容を思い出そうとして当時の感想を見たら完全に忘れていた。
や、やらかした・・・例えばフルムーンは断片的には覚えてるんですが。
完全に「主人公の人格が好きだったなー」のみ。例のアイツの名前が「ヨクツキ」であることすら出てこなかった。

そして師匠の方が詳しく覚えていたと言うオチ。
最終回が好きだったそうです。
・・・やっぱアレだ、相方って言い方だと「あまたま」さんと被るから師匠って呼び名にしてるけど、正解でしたね。ガンガンへの理解力も全然適わないや。
けど、師匠曰く「ガンガンに好意的な印象を持ててるから凄いよね」と。
そりゃそうだ、それを取ったらガンガン感想サイトとしてのうちは何も残らない。

しっかし、今になってまさかSTRAYKEYSに再開するとは・・・。
自分が別名義で活動してる某コミュニティ関係なんですが、これにはホント驚いた。
いやー、不思議な縁もあるものですね。某中堅マンガも引っ掛かったし、ガンガンのマンガの知名度もまだ捨てたものじゃないらしい。嬉しい。
(ちなみにその活動場所はSTRAYKEYSからは特定不可です。超変則的な繋がり方なので。
ちょっと明かしにくいし、とある方に迷惑が掛かる可能性もあるので、この話題は封印してます。
万が一両方同時に知ってる方がいらっしゃったら、文章の雰囲気で見破られる可能性がありますけど・・・)

ちなみに、師匠に上の言葉を言わせた時の会話。
ハガレンの推しまくりに対して「ハガレンは神懸かり的に面白いけど知名度の低いガンガンである以上はソウルイーターの2段上くらいの売り上げが普通だろうし、10段上の国民的な売り上げは奇跡だと思うんだよ。
荒川先生の次回作(獣神演武はノーカン)はハガレンに匹敵する可能性もあるけど、それが売れるかどうかは正直怪しい。自分の雑誌でしか通じない内輪ネタ満載のバクマンみたいなマンガが成立しちゃうジャンプと違って、ブランド力が着いたのはハガレンってマンガそのものだし。
だから、今のうちに売り上げを稼いでおきたい!ってガンガン編集部のセコいハガレン推しの意向は分からなくはないんだよ。当然自分もあまり歓迎はしてないけどね、荒川先生オーバーワーク的な意味で」

・・・まぁ、自分は結構頻繁にこれを言ってるような気もしますが。
ペイサさんの所でも書いたし。

そういや、ハガレン再収録号って赤字になったらしいですね(無理矢理ページを増やしたため)。
いやー、驚いた・・・しかも完売した結果の数値らしい。
単行本の売り上げで回収できる範囲とはいえ、今のガンガンがこんな戦略を取った事に驚き。ハガレンに依存するからには、ハガレンと運命を共にする・・・ってか。
まぁ、「ガンガンの購読者を増やす機会にしたい」って可能性もありますけど・・・。ちなみに自分は、割とそんな願いを込めてガンガン感想を書いてた時期もありました。

ちなみに、これも師匠から得た情報です。
うわーMisfreakさん悲惨。





って、さらりと書いたはずが3000字だよ!

久々のMisfreakクオリティでした。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
重症コミュ障患者のブログです。
元々は月刊少年ガンガンの感想、写真、地元(宮崎)のネタを細々と更新していました。
(なのでアイコンもその辺り由来でソウルイーターのクロナ。知り合いの絵師、師匠氏(仮)謹製・・・)

今はどれも残っていません。ガンガンONLINEの一部マンガの感想を復旧させたので、共通掲載のマンガに関しては楽しめるかも・・・?
今は副業で始めた高専ロボコンのデータ記事(高専に縁の無い部外者視点です)がメインになってるような。

URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース跡

この欄はもう正常に機能していませんが、撤去が難しそうなので残してあります・・・。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク