FC2ブログ
ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
折角なのでトラックバック用の記事のつもり。しかし成功するかどうか分からない。
空中楼閣EXさんの元ネタ記事



フレア

去年の12月に出した写真

かなり露骨に表れてる写真をセレクトしてみた。

カメラで写真を撮るとこんな感じに、太陽の光が極端に現れる場合があります。
この現象は「フレア」と呼ばれます。
語源は言うまでも無いでしょう。

原理は「レンズの中で乱反射した光が変則的に写真に現れる」。
ちなみに、左下に見えてるキラキラしたものも一応それと同じ、邪魔な光学現象です。
こっちの名前は「ゴースト」
ただ、ぶっちゃけこっちは歓迎される事も多いですが。一部のペイントソフトにはゴーストを故意に起こさせる機能も付いてます。

この写真は慌てて撮ったので明るさの調整が狂って極端に現れました。
が、結果的には同時に撮った他の写真と差別化できて満足。



首を真上に傾けて

さて。
カメラのレンズの表面を見ると、シャボン玉みたいに色が付いているのが多いと思います。
これ、フレアを抑えるためのものなんですよね。
この色(コーティング)がレンズの個性になったりすることも。
(例えばシグマってレンズメーカーのレンズは凄まじくフレアが出やすいそうです。一部のレンズのみだし、それ以前に数年前の情報ですが)
なので上の写真を見ての通り、画質面で少々劣り気味の自分のコンパクトデジカメでもこの程度まで抑えられます。

つーか、本格的な一眼レフカメラのレンズにはこんな感じにチューリップ型の謎の機構が付いてますが、これ言うなればサンシェードです。フレアを抑えるためのものです完全に。

あと、使い捨てカメラのレンズの写真を以前撮った事がありますが、こんな感じ。コーティングが無いですね。太陽にカメラを向けた瞬間ゴーストが盛大に出ます。暇でしたらこの辺りから探しても良いかも。

つー訳で。
一応、このフレアを使った表現って「カメラの機構を逆手に取っている」と言ってもいいものだったりします。
携帯のカメラなんて、直径がミリ単位程度のしょぼい代物なので相当派手に出ます。
ってか、自分の作品内にもそういやあった。けど、これってその場に出てた煙でブーストしてますので実際は表現に使えるほどじゃないのかも(一番上の写真は例外)。

最近ではチープな写りを表現技法にするためにトイカメラ(説明は不要ですね)を使う人が増えています。つーか、最近の流行りで言うと劇場版投げっ放しジャーマンに定評のある仮面ライダーディケイドとか。



コンパクトカメラとボケ味

今年の4月に出した写真

普通の一眼レフカメラだと、こんな感じの写真が撮れます。
背景にまではピントが合わずにボケている写真。一眼レフカメラの持ち味でもあります。
ピントについての説明までは時間が無いので省略。

さて。
これ、コンパクトデジカメでは相当に難易度が高いです。
何故か。

そもそもこういうのはマクロモードで撮ると起きる現象です。
コンパクトデジカメの方がマクロモードには強いんですけど。では何故か。

原理は省略しますが、広角レンズほどボケにくいと言うのがあります。
では、コンパクトデジカメのレンズを見てみます。自分の使ってるデジカメは広角28mmですが、これ。
4.6mmとか書いてますね(22.2mmは望遠135mm側の数値)。
単純な話、カメラが小さいからレンズも小さくなっちゃうんです。「35mm版換算28mm」とか書いてあるのはこれが理由(デジカメのセンサー、CCDの大きさは一定ではない)。

結論として、超広角レンズだから全くボケないのです。
F値の明るさとかマクロモードとか圧倒的に一眼レフより有利なコンパクトデジカメがこういう写真が撮れないのはこれが理由。
自分の使ってるリコーの機種は全般的にズームした状態でマクロモードが使えるので、ある程度まではボケ味を生かした撮影が可能なのですが。上の桜の写真みたいな。それでも一眼レフだと背景が何か分からないような写真が撮れるので、まだまだなんですけど・・・。

ちなみに、携帯電話だともっと最悪です。ズームはできないわ、デジカメよりさらに小型だわ。
マクロモードにしなくても意外とピントが合っちゃうのはよくある話。今試しましたが、マクロモード無しで20cmくらいまで寄れました。一眼レフでは40cmくらいまで寄れれば上出来です。20cmまで寄れるレンズ(シグマのDC17~70mm)はあまりのマクロ性能にレンズ大賞を取るくらいの破壊力でした。一眼レフでは必死な作業がマクロモード無しでこなせちゃいます。
ましてや320×240くらいのブログに載せるサイズだと、ボケてるか分からないレベルだと思います。



そんな馬鹿な。

そんな訳で、この記事の7枚目を見た時の感想がそれでした。
けど、この前AFアリの携帯に変わったので今試したら意外と行けそうでした。そんでも手ブレが激しかったりとか、虫に逃げられたりとか(相当花に近付かないと絶対に撮れない写真なのは間違いない)、その辺り考えると相当難しいと思うんだけどなー・・・。



写真の題名
「岬の灯台(イベントあり)」
次の記事の肩慣らしでセンスが底上げされてたと見えます。



つー訳で、勢いでコメントじゃ不可能な分までやってみたけど・・・どうなんだろう。
このブログの管理人は基礎知識はともかく、それ以外は教則本とかを用いた勉強をしていない(全部の知識を適宜雑学的に仕入れている)有様なので間違ってる部分があるかもしれません。
うちの写真系統の記事全般に言えることですが。

・・・フレア辺りまでは説明間違ってないはずだけど。そうだと信じたい。
スポンサーサイト



Toi13.jpg

昨日の記事で書いた通り、シャープネス極限強化という名の化粧を施したらファイルサイズが他の写真(注→拡大版の1024×768)の1.5倍。
うわー。
そういや、書いたことあったっけ?



使用機材→リコーCaplioR1

何度も何度も書いてるので言うまでも無く。ちなみにこんなの
リコーはコピー機メーカーですが、実は「理研光学」と言うカメラメーカーとしてスタートしました。昔はリコーオートハーフとか色々なカメラで一世を風靡してたんですよ。
だから、その流れが残って、晩期のGRって言う小型高性能フィルムカメラ(少々壊れやすいけど最強とされる)のデジタル版が売れてます。
このGRは、元はR1(と改良版R1s)と言う優れた小型カメラを魔改造したもの。それに匹敵するカメラ、と思ったのか満を持して出したのがこのカメラです。以降、R10まで続きました。
5年前の製品には珍しい28~135mmの広角レンズを採用。その他、原子力電池と言うあだ名の付くバッテリー(CIPA500枚、普通のカメラの2倍)、未だに一眼レフ以外では抜かせない最速レリーズタイムラグ、そして超マクロ(ズームしてもある程度効く。これが非常にでかい、最新機種CX2も同様)などの性能を誇るものの、高感度に異常に弱く画質が結果的に超悪い(つーか、手ブレを最も起こしやすいデジカメといっても過言ではないかも)。
それでも愛機。画質以外は最強。ただ、保証が切れるから・・・来年の春に引退予定。それから後はたまに持ち出して余生を過ごさせるつもりです。

・・・後継機、どうしよう。一眼レフはダストリダクションの関係でオリンパスに決まっちゃうんだけど・・・流石のE-620でもコンパクトも無いとキツいなぁ(PENデジタルは流石にレンズの都合で論外)。
候補はμTOUGH6000シリーズ、OptioP80、CX2、ルミックスZX1辺り。
と、数日前に書いたけど色々あって消した文章を大雑把に復活させてみる。


補助機材→「秘密兵器」
色々あって詳細省略。とりあえず夜景撮影の補助などに使う。
これ、リアルで使う可能性が僅かにあるので秘密兵器としてます。ただ、あくまで補助。○○はやっぱキツい。実は大活躍してるんですが。
過去ログ置き場に載せてる写真は基本的にこれをフル活用したものとなっております。来年の春になったら正体を明かすつもり。

補助機材→コンパクトフィルムカメラ
大学の知り合いに見せたので出せません。リアルバレ警戒しすぎだろうけど。

三脚→Kingレインボー8
小型三脚。コンパクトならこれで十分、ただ伸ばすのが少し面倒。仕方ないけど。
辛うじてカバンに入る携帯性の良さが特徴。これで全長80cm程度まで伸びるんだから有り難いと思え。
余談だがKingは中堅写真機材メーカー。正確にはブランド名だけど。知らないメーカーですが信頼して大丈夫。

レンズ拭き→7年前くらいにダイエー(宮交シティ)で買ったメガネふき(88円)
10枚入りなのに、未だに1~2枚残っている。
・・・アレなので、諸事情で余った家電+カメラ屋のポイントを使ってハクバ様のクリーニングクロスを購入。ただ、まだ使ってない。

メモリーカード→バッファロー256MB
アイオーデータの64メガを買ったら、4年前の夏に容量不足の自転車操業っぷりに泣きそうになったので、秋に購入。確か4480円(笑)。今ではこの値段で2メガのハイスピードカード買えますね。
これでも主力機材が400万画素なので十分すぎるほど足りる。4年使って、窮地に陥った回数は僅か2回。写真は遠出のたびに100~200枚程度撮るのですが。



次は使用ソフト。すいません、各自探してください。

画像加工→Pixia
かなり有名なフリーペイントソフトの一角。
基本的に、これの画像加工(コントラストと明るさ、カラーバランス、及びナンバープレートなどのぼかし)が自分の写真編集の全てだったりする。
フォトショップがペイントソフトなら、ペイントソフトで写真加工したっていいじゃない。
ガンマ値補正などは、ぶっちゃけ知らない。使いこなせてないって事かなぁ・・・。絵師の師匠氏は完璧にフォトショップ使いこなしてるけど。
ちなみに一番有名な画像加工ソフトは多分「JTrim」だけど、アイコンがキモいのでやめた。

画像加工→縮小専用。
縮小ソフトなのに、ぶっちゃけ主力編集機材。
基本的に元画像の編集はしないので、9割の写真はこのソフトで設定できるシャープネス、圧縮率の設定だけで画像の雰囲気をコントロールしている(本当)。結果的に凄まじい横着っぷり。
これ、縮小した画像は別形式保存だから便利。
オマケに超軽量級ソフトで、普通に使うだけならダウンロードして開く→画像サイズ設定→ドラッグ&ドロップのみでOK。複数選択すれば一気に大量に縮小できる。圧縮率は画質重視なら95%くらい、そうでなければ75%くらいを薦めます。間を取るなら85。シャープネス高いとファイルサイズ増えるので注意。
と、某氏に薦めた時のコメントを改良してここに書いてみた。
余談だが、知ったのは「宮崎観光写真」って言う有名サイト様が薦めていた事に拠る。
さらに余談。Pixiaや縮小専用を通すとExifデータが消えるのでプライバシー保護に便利。

画像加工→buff
実は滅多に無い劣化の無いjpgトリミングソフト。稀に使います。

画像加工→Microsoft Picture Manager(パソコン付属品)
けど最近はほとんどこっちでトリミングしている。
ただ、Exifデータが残るので使いにくい。Pixiaで上書きする必要があった。逆に、Exifデータを残したい写真はこれでしか編集できない。



これで多分、ここに書ける分は全部。
何の参考にもなりませんが、こんな編集環境からAQUA CRESCENTの写真は生まれます。
「秘密兵器」以外はほとんどブログ開設当初からの機材ですねー。縮小専用くらいかな?違うの(数ヵ月後に導入、それまでは)。
もうすぐ4周年。
Toi12.jpg

この写真、何を撮りたかったんだ?
で、出た結論→単純に風景に感動していた。



・・・この写真でどれくらい伝わっているかは、未知数。
とりあえずお暇でしたら拡大版見て下さい。



SeaSideView7.jpg

あと、この前の写真の縦版貼っておきます。出すの忘れてた。
サブタイトルはブラッドレイの腹黒さも暗示しているのだろうか。

全体的には、原作といい感じに似ててコメントしようがない。
ただ、射殺の追加シーンは震えた。
ただ、映像は暗くて分かりにくかった。
ドラマの話ですが、相棒とかでも暗くて分からない事が多いです。あれ刑事モノだから殺害現場と言う暗いものが映ること多いんですよね。
不自然にキャラを自己光源で光らせて強調してもマンガだったら誤魔化せる。アニメでは・・・難しいのか。
大総統、悪人ってもんじゃない。まぁうるさい子供が苦手ってのは分かるけど、理解を示して許容と言う感情で如何に塗り潰すかに賭けようとするかどうかです。
自分の場合、人が苦手だから容赦なくコミュニケーションを要求してくる子供に会うと大変かもとか考えたけど、それでもやりたいと思う。つーか、自分だって中身は子供だし。
これは例外だけど。子供にも大人同様の「軍人の死」を押し付けようとする時点で。
セリムに関するやり取りのダブルミーニングに震えた。



短いなー。
リアルタイム感想に寝てて失敗したので後から書こうとしたら、fc2が緊急メンテナンス。
それで完全に力尽きてました。

と言う訳で、無理矢理立ち上がって3記事更新。
CloudScape22.jpg

目の前を普通に雲が流れていく光景。

雲に触れるかどうかの談義は多くの人が経験しているはず。
SkyDay104.jpg

この前の和みさんのコメントを参考に。

・・・左下ミスったアァァァーーーッ!!!(たぶん樹木)



関係ないけどこの記事(椎葉の記事)を修正。ネタ追加。
あと新デジカメ(OptioP80やμTOUGH-6000、FinePixF200辺り?)を検討したりしたけど、結局使う機会が無いためにお蔵入りに。
・・・社会人になったら本気でカメラコレクターになるかもしれない、反動で・・・。しかも全部のカメラを実用目的で買いそう。
えー、縮小更新気味になってます。
量は増えてるけど、モチベーション優先と言う意味で。



第5回でいいかも知らんけど、めんどいのでそのまま。
木曜夜10時からNHK教育でやってる写真講座の感想です。デジタル一眼レフ持ってないけど。
広田尚敬・・・誰?って思ったら広田泉っていう知ってる写真家の父親だった。納得。
ってか、鉄道ファンのパノラマカーの写真の人か。



島原鉄道。日本一運賃の高い鉄道。島原出身の人がうちの大学にいて、その人が滅多に電車の来ないダイヤを「島鉄クオリティ」と言っていたほどの威力を持つ。
・・・島原以南廃止だったな、そういや。自分は修学旅行で見た事がありますねー。
水無川(普賢岳の溶岩が流れた川)を超える鉄橋で撮った写真は見た人も多いはず。
運転席の真横で撮影。この時点で普通じゃないけど仕方あるまい。
・・・いや、単なるかぶりつき席だったか?作業中でまともに見られなかった。
そうそう、車窓から撮った写真って景色が動くから難しいんだよなー。
以前見たNHKの一眼レフ講座ではカメラのメーカー名を隠してた徹底ぷりだったんですが、今回は普通にキャノンが出ている。流石にやりすぎだったか・・・。
広角レンズならピントが手前から奥に合う。
望遠レンズならピントをぼかしやすい。また、絞り(基本的に一眼レフのみに付いている光量調節の機構です、念のため)は絞るほどピントが合いやすくなる。
・・・これ、やってみると難しいんだろうな。と言いつつ、一眼レフを使った経験はあるけど一眼レフを使ってピントの細かい調節を必要とするような写真を撮った事は無い人間。
お薦めしたいのは、オートフォーカスでピントを「撮る前に」合わせた後、マニュアルフォーカスに切り替えてピントの位置をロックしてしまうこと。だと思う。置きピンの原理ですね。
ちなみに鉄道にピントを合わせる場合、一眼レフの性能が良くないと合わせられないまま終わってしまうので注意。特に28~300mmタイプのレンズはAF速度が異常に遅いので不可能に近い。
コンパクトデジカメだとピントの合う範囲が異常に広いので(小型化の結果、焦点距離まで小さくなって結果的に超広角レンズになるから)、それを使うのもアリかも。
海の見える駅。青海川駅とかが有名ですねー。
富士山と新幹線を合わせて撮った写真。
普段は邪魔なケーブルを利用してピントを合わせるとは・・・。操作線って言うらしい。
「これはねー、実はガラス板なんです」
・・・騙されたー!(笑)本栖湖を新幹線が通る訳無いよなー・・・。
名水で露出のレッスン。ちなみに島原は名水100選だったはず。
・・・絞りを蛇口に例えると、蛇口を絞ると遅くなる。これはシャッタースピードに相当。
有名な例えですね。これを島原の名水で都合良い材料揃えてる辺りは恐れ入った。
かんざらし・・・?長崎と言われてどんどん焼きしか出てこない自分は相当にガンガン読者っつーか王様の耳はオコノミミってマンガが好きだったようです。
次回予告でバズーカ砲を構える広田さんが超本格的で笑った。



この講座、基本的な事を説明してるんですけど、自分の写真の原点に立ち返ってるようで見ていて楽しいです。
あと先週から見てるんですが、そこでの広田さんの暴走っぷりに笑った。能登撮ったり、貨物列車越しに臨時のボンネットを撮影したり、速攻でシャッタースピード切り替えて撮影したり。後者はダイヤルを適当に素早く回しただけだろうけど、冷静に構え直せる辺り鉄道写真が呼吸動作クラスになっていると見える。
Toi10.jpg


Toi11.jpg

更新再開がこれか・・・。

写真の表示の仕方を変えた関係で、2枚目がメタリックな質感溢れた写真になりました。



現在の更新予定記事
ガンガン感想最新号、ロボコン高専部門97年度(花開蝶来)データベース
あと、とあるものの投入を予定。
SummerDaysForMe10.jpg

皆様、シルバーウィークエンジョイしてますかー?
自分は上手く行っていればエンジョイできてる・・・はず。



このファイル名(SummerDaysForMe)の写真も10枚目。
自分は鉄道写真出身。その鉄道写真も帰省で岐阜に行った時に親の実家の近くで撮るだけ。
なので、ルーツとしては、この手の写真が自分の全てだったりする。
高校時代にフィルムコンパクトカメラ買ってからは、遊びのショットの厳しいフィルムカメラ時代なのに、こんな風に踏切とかも遠慮なく撮ってました。今はデジカメだから尚更多く撮れますね。

ちなみにこれは2年前の夏休み。
自分の中で一番楽しかった夏休みに、やっぱり親の実家近くで全力で撮った写真の中の一つ。

更新再開は24日。
それも、2年前の夏休みの写真です。
Road8.jpg


Road8-2.jpg

ぼくらはあるいていく はてしなく どこまでも
えびの高原、白紫池

このブログ開設前(2005年9月)に撮った写真の生き残りを発掘した。
クリックで拡大します。最近はこの表記省略してるけど、サムネイルの画質が悪いので告知。

シンプルに上手く切り取れた風景写真。
ただ、今の自分が見ると、ちょっとススキが明るすぎるかな。
あと、2.5分の1型CCDのコンパクトデジカメにしては背景のボケによる処理とか頑張ったんですよ!



当時の自分のとっておきの1枚だったからここまで残ってた。
けど、今だったら出しても次が撮れる自信が付いたので出す。
Fall9.jpg

えー、時期的に朽ちかけでした。
・・・下宿先近くの超有名な紅葉スポットで去年撮ったのですが、個人的に一番外れだった観光スポットでした。綺麗でしたけどね。



時間に少し余裕が出来たので割り込んで更新。
写真部の萌えマンガ
それは別にいい。ニコンとキャノンとかメジャーどころしか出なくて泣いた。
それを百歩譲って許したとする。GRデジタルを高校生が買えるとか言ってて泣いた。これがリア充死ねってヤツか・・・!

えー、実は半月前に使用デジカメを2回目の(!)修理に出したんですよ。
だから引退させて(もうすぐ補償が切れて修理不能になるから。実際今回の修理では交換した部品が少し違っていた)ハイエンドクラスのデジカメを定額給付金のアシスト使って買おうとしたのですが「今は買っても使う暇が無い(事実ですが)」と泣く泣く取りやめにしました。
親にも「そろそろ買い換えたら?」と言われたのですが、色々と事情があって予算はあるけど使う訳にはいかないので。
で、8万円台のGRデジタルを何故に高校生が買える。

ペンタックス、K-mの後継機を100カラーで発売
こういうことをするだけで「金大丈夫か!倒産するぞ!」とツッコミ入れたくなるようなメーカーだってあるんです!少しはペンタックスとオリンパス(と一応ソニー)に目を向けてあげて下さい!お願いします!(号泣)



無理矢理話題修正。
上の写真、これコンパクトデジカメしか持ってないのでコンパクトで撮ってます。
けど、ごちゃごちゃして見えにくいんだよなぁ・・・。これでもコンパクトデジカメの中では相当に頑張ってる方なんですよね(使用機材のCaplioR1は望遠マクロ、要するにこういうクローズアップ撮影に非常に強い)。
ってか、こんな写真ですが、撮影条件の都合でテイク10くらい撮りました。

・・・なんか、自転車操業で無理して色々台無しにしてる気がしてきた。
この写真が普通に評価して貰えるのならいいけど、今になって見返すと構図が結構込み合ってる。
どうしよう・・・。
Meitetsu44.jpg

首が痛い写真。

(ロングシート→要するに、電車の座席のうちベンチ型の座席をロングシートといい、普通のバス風味の座席をクロスシートと言う。前者は満員電車になった時に人がギリギリまで入るメリットが、後者は人が多く座れるメリットがある。名鉄はパノラマカーが廃止になった事で、特急(とミニパノラマスーパー)以外は基本的に全部ロングシートになった・・・はず)



ロングシートは車窓を見るのが大変なので、旅情には合いません。
自分の中では電車は移動手段と言うよりも旅行の手段なので、やっぱ大変です。
この写真も、無理矢理振り向きながら撮影。
すいません。
ミスりました。



今月末までガンガン感想書けません。

ってか更新停止します。


ぶっちゃけるとこの記事もタイマー。精神的な面に加えてリアルの事情もあって。
あぁ、sitrさん来てるのに(超内輪向けコメント)。
なお、タイマーは週末(土日)と来週火曜のみセットしました。



・・・って訳で、最後っ屁。
そんな訳で、コメント返信は多大に遅れる可能性があります。特に非公開コメント(先週の経験談)。



ヤケクソでの即興感想記事。30分程度。
取り扱い品目はばらかもんとネルガルの日記とシキソー(掲載終了分)と「わ!」とトライピース。
⇒ 続きを読む
SeaSideView6-1.jpg

日常では何気に滅多に見ない水平線。
この日は見えなかった。
⇒ 続きを読む
デイリーポータルZの記事「高低差390mの集落(木村岳人)」



2ページ目。
>日本三大秘境は白川郷(飛騨)、祖谷(徳島)、椎葉(宮崎)

えぇぇぇーーー!?

・・・確かに秘境中の秘境だけど、そこまで評価が高いとは思わなかった・・・。
ただ変換すらできない「祖谷」には参った。「いや」です。



軽く紹介してみる。
そもそも、九州ってのは形は思い出せると思いますが(そう信じたい)、中央部はホントに山に次ぐ山って感じです。久住(大分)→阿蘇(熊本)→国見岳、以下九州山地(熊本五家荘~宮崎椎葉)→霧島(宮崎~鹿児島)、と言った感じ。
宮崎の交通の便が悪いとこのサイトで何度か書いてますが、これが原因。山越えは「不可能」なので、宮崎に陸伝いに来るには大回りする必要があるのです。

この九州中央の山地地帯の更にド真ん中にあるのが椎葉村。
同義語として須木村(この記事とかこの記事とかこの記事とか参照)、西米良村、椎葉村、諸塚村とかありますが、須木と西米良はまだそれなりに大きな町と繋がってる(須木が合併した小林市、西米良が西都市)んですが、後ろ2つはさらに奥。
ちなみに諸塚はしいたけで有名。それでもまだ九州山地の東部です。椎葉は「ド真ん中」。

ってか地図用意しましょう。これ。
実際に九州山地のド真ん中に地図を置いてみました。ズームしてみて下さい。



名所紹介(リンク面倒なので文章のみ、wikipediaだけ貼っておく)。

平家落人伝説→名所じゃないけど。非常に奥まった場所にあるので、壇ノ浦の戦い(実は関門海峡、つまりほぼ九州)で敗れた平家がこっちに逃げてきたと言われる。
その関係で、宮崎では「平家の郷」って言うハンバーグレストランまであったりと、平家の方が馴染みが深い。
とりあえず、身近な所では宮崎市西部の「生目神社」。どっちかと言うと目を祭ってるけど。元々は生目村と言う村だったくらいの由緒ある名前の場所で、名前の由来はエグいので省略します。
鶴富屋敷→宮崎を代表する歴史的建造物。ただの屋敷、ただし尋常じゃなく古い。
上椎葉ダム→日本最古の大規模ダム。昔の文豪によってダム湖は日向椎葉湖と命名された。
DPZがらみで言うと、萩原さんのサイトにデータが乗ってたりする。宮崎って西部は上記の大山地が延々続いてる都合で大規模なダムが多い(上にリンク貼った須木の湖もダム湖)。その関係で宮崎を旅行したことがあるそうな。



時間の都合でオチも無く終わり。



9月25日追記。こんなの見つけたので持ってきた。
手ブレは気にせんどいて(涙)。室内で高感度に弱いCaplioR1だとこんなもんです。

20090925.jpg

念のため、クリックで拡大。
マクロモード


フォーカス無限遠

岬の突端にて。

精神的にきつい。ので更新不定期化するかも。
記事のサブタイトルはタイトルだけでどの回か分かるように、大半の場合変えてあります。
原作読者視点感想。

ガンガンは精神的なコンディションの問題でもう少しお待ち下さい・・・。
⇒ 続きを読む
Toi8.jpg

うっ、白黒にすれば良かった!
※例のアレは未定です
Toi7-2.jpg

絶景かな。

・・・実際は本格的な風景写真としてはズームして風景の一部を切り取った方がいいんでしょうが、観光目的が優先されてこうなってしまいました。
けど、空を取り入れたいからこれがベストだったかなぁ。



さて、今日は・・・。
⇒ 続きを読む
Toi6.jpg

・・・「もや」か?これは。
「大阪の線香花火は藁でできている」
あー、スポ手牡丹ですよね。はいはい。

・・・宮崎人の自分が名前まで普通に知ってたのって一体・・・。
どっちかと言うと自分の中では藁がメジャーで普通のヤツはオシャレな派生系でした。両方ともパッケージに名前書いてありましたねー。
ちなみに普通のカラフルなこより使ってるヤツにも名前はあったはず・・・。



あの番組ってオーバーリアクションとか基本的にローカルを笑い飛ばすタイプの番組だなーと実感させられる。
けど、正直ローカルネタを扱ってくれるだけで最早有り難いと思ってしまう。
・・・東京から新幹線1本で取材に行ける東北ばっか扱ってるのは非常に遺憾ですが。
いや、集計したら凄いですよ。東北か富山か沖縄です。それだけで8割越す体感。



それとは違って平等に各地を扱ってくれる東京太郎のコーナー。
今回は滋賀でした。
「何かあったら京都に行く」むしろ電車で10分(大津~京都)だと言う事を説明した方がいいのでは。ま、先週の放送見逃したから詳しくは言えませんが。けど、一つ。東京の電車は遅い。アクティーの遅いこと遅いこと。平均時速70kmですよ。関西の快速(米原~姫路)は平均時速90km。東海は時速110km(岐阜~名古屋限定)。
「堅田駅」買い物先が堅田駅と書いてある。何故にわざわざ。琵琶湖西岸の主要都市でしたっけ?
「HEIWADO」え!?滋賀ローカルだったの!?(本気の目で)
・・・えっと、岐阜で見かけたっけな何回も・・・。
「滋賀県民なら車を買ったら一度は琵琶湖を一周する」なんっつー無茶な。自分は迷わず新快速とサンダーバード選びます。たぶん。
RainyTime67-1.jpg

水たまりは保育園通ってた時代は印象的だった。
けど、今では雨の時に出かけてもあまり意識する事が無い。

成長して背が伸びたから、視線が変わったんだろうな。
自分はどちらかと言うと下向きながら歩く事が多いタイプですが、それでも遥か上から見下ろすから・・・。

けど、そこにいる。
⇒ 続きを読む
Toi5.jpg

非現実的な光景。
Toi4.jpg

芸術作品の創作意欲はある。
けど、形にできない。
それが、余計にかき立てる。

写真を封じられた今では、尚更。



今日、写真を1枚撮った。
だけど、ここには出せないタイプ。思いっきり大学が映ってるし。
写真を自己満足の趣味にするつもりのない自分には、それは意味の無い行為なのかもしれない。
ただし、必死に、カメラを持つブランクを抑えようとするだけの行為としては機能する。



独り言。
キツい展開なので少々手抜き気味。
・・・だけど・・・。
⇒ 続きを読む
CloudScape21.jpg

個人的な最高傑作の中の1枚。
Toi3.jpg


RainyTime66.jpg

2枚目は拡大版のファイルサイズが大きめです。

そう言えば、一番最初の雨写真もこんな感じでした。
あっちは電車から撮ったのですが・・・。
昔と今と、変わらないスタイルで撮ってると言うべきか進歩が無いと言うべきか。
高校生クイズが去年みたいな進学校独占の流れじゃなくなってて面白かった。
「名門が本気出せば楽勝」ってノリは嫌いなので。開成以外・・・。
・・・いや、普通はそうだけど、受験勉強と並行でアレは凹みますよ。
南九州はある程度知識が付いていける。
鹿児島、熊本は順当にラサールと熊本高校。あ、熊本は熊本と済々黌高校(せいせいこうこうこう)が2大県立高校です。それ以外は知らないけど・・・。ちなみにラサールは私立で、鹿児島は鶴丸、甲南、中央、玉龍が県立四天王みたいな感じ。
で、問題の宮崎。ぶっちゃけ宮西と大宮の2強・・・宮崎第一?ま、まぁいっか(宮崎最強の私立高校です)。
けど第一が不甲斐なくて泣いた。そういや3年前は宮西理数科がベスト8まで行ったんだよなー。あの栄光は再度来ないだろうか。
実家の岐阜は岐阜高校と多治見西が共に粘ってたけど。流石。
・・・正直、多治見西はしっくり来ないけど何故かいつもいるし。



さて問題。「地理問題」
よし来たッ!地理大好き!化学と数学はかなり好き!他はアッー!
「火星で最も高い山は?」

それ地学だろッ!!!

えっと、地理ほどじゃないけど天体は好きですよ。オリンポス山だっけか・・・よっし!
「国旗」
1問目:オーストラリアとニュージーランドと・・・キプロス?あぁ、ツバルか!
2問目:カタールとバーレーンだったか・・・インドネシア?ですよねー。

以下ダイジェスト。
「バルト三国の首都は?」えっと、ラトビアがリガでどっちかがビリニュスで・・・あぁッ!タリンが出なかった!
「気球兄弟」え?モンゴルフィエじゃないし・・・モンゴルフィエって兄弟だったの!?い、イエー!
「南斗六星」これは知ってる、射手座。ってか、北斗の拳に出るみたいですね。
「雪国のトンネルは?」え!?えっと・・・天城トンネル・・・ってそれは伊豆の踊子だしトンネル名適当だし(後から調べたら道路トンネルでした)。えっと・・・清水トンネル?大清水しか知りません。って、土合駅の地上ホームはこっち通るのか!なるほどなー(濃い鉄道知識)。

岐阜の進学校は優勝経験のある岐阜高校が定番だけど、多治見西って何者?と思って調べたら私立だった。まー、地区では岐阜が上だったって事ですが・・・。
あと久留米大付属で本村弁護士が喜んでたので和んだ。本村さんは一応東大出身の面目保ってると思います。クイズ番組では東大出身なのに答えられない人ばっかだけど比較的通用してるし。本村さんは佐賀だっけ?地元を推す人は大好きです。

管理人はここまで調子良く答えられてたのに詰まる。
「集る隠る舐る」3チーム・・・金沢泉丘と浦和は流石。しっかし、これについていけた高松すげぇ(笑)。3年連続で同じ3人組だったら女性贔屓でも納得行くわ。
「ヒートリー」父が知ってて爆笑しました。リアルタイムで見た世代とは言え異常。流石は○○大・・・。隠しますが国立の名門です。

「クリオネの触手」・・・トリビア見てりゃ楽勝、バッカルコーン。
「ナポレオンの愛馬」・・・オルレアン・・・じゃないか。って、こんなの分かるかあぁぁぁ!!!
「ヨーグルトの幕」・・・ラムスデン現象に聞き覚えがあるだけじゃダメですか?
「暗殺」リンカーンは確定で・・・ジョンソン?大外れでした。

群馬の太田高校と栃木の宇都宮高校が北関東&県立の意地みたいなノリで応援したくなる。
多治見か旭川東か・・・。
・・・あー!多治見負けたー!OTL
でも、旭川東って宮崎西と実質兄弟提携結んでるんだよなー。応援しておくか。



太田の「開成はイケメン」発言で爆笑。こ、これは応援せざるを得まい!過剰なイケメン叩きの風潮は嫌いだけど、あの場所で言う台詞じゃない。
・・・難しすぎるだろこれ。
ベネズエラと八郎潟は分かったけど。前者は逆にエクアドルが答えだったらアウトでした。ベネズエラはマラカイボ湖っていう汽水湖が油田なんですよね。
で、宇治原さんドン引きの瞬殺。
・・・何よ、あの山田涼介。母はDAIGOって言ってたけど。
と思いきや粘る粘る。
ネスラー試薬・・・あれ、何だっけ!?あ、アンモニアだとーーー!?アンモニア検出と言われればフェノールフタレインだろ!(駄目)
・・・勘亭流ってあんな由来があったんだ・・・。湯のみの字体と言われれば分かる?

けど撃沈。
・・・無念。



以下、燃え尽きたので箇条書き。
「キンシャサ」ザイールの首都ですね。ザイールがコンゴのどっちに変わったかは忘れた。
「ルシャトリエ」さっきから化学問題が分かりそうで分からなくて悔しい。
「ブロモチモールブルー」よし、やっと当たった・・・。学研の「○年の科学」に付いてくる酸性雨キットはBTB溶液なので中性を判別することができます。現存するかどうか謎だけど。
「マルサス」分かるかそんなん。ってか、モンテスキューとルターが何を出したかも忘れた・・・。
「薄型TV」有機ELだ、間違いない!って、有機ELの正式名称ーーー!?
「和算」せきともかず!それは声優です。新スネ夫です。ハル・グローリーです。たかはし智秋さん喚起です。「関孝和」は知ってたのに・・・。



応援してた太田、旭川東、宇都宮が揃って負けたので何も言えなくなりました。
ラサールは勝ったけど。ってか宇都宮は進学校だったのね・・・。





本当に燃え尽きました。

自分は体力勝負は無い方がいいと思ってたけど(宮西理数科が3年前それで吹き飛んだし)、超難問タイプのクイズ番組だと見るのに疲れると言う事実が発覚。
純粋な高校生の頂点を決める番組であり、今までのお祭り企画的な高校生クイズとは違う。そう気付いた。
決勝は「優勝経験があって全国にも毎回行くけど決勝戦前に消える」を延々と繰り返してきた古豪が遂に優勝。いやー、劇的だった。で、疲れた・・・。
決勝?ウンウンビウムしか分かりませんでした。無理。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
重症コミュ障患者のブログです。
元々は月刊少年ガンガンの感想、写真、地元(宮崎)のネタを細々と更新していました。
(なのでアイコンもその辺り由来でソウルイーターのクロナ。知り合いの絵師、師匠氏(仮)謹製・・・)

今はどれも残っていません。ガンガンONLINEの一部マンガの感想を復旧させたので、共通掲載のマンガに関しては楽しめるかも・・・?
今は副業で始めた高専ロボコンのデータ記事(高専に縁の無い部外者視点です)がメインになってるような。

URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース跡

この欄はもう正常に機能していませんが、撤去が難しそうなので残してあります・・・。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク