FC2ブログ
ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
MysticBlue3.jpg

と言う訳で青い写真2連発。
fc2ブログのファイル名検索機能超便利。「MysticBlue」なんてファイル名の個人的な型番すっかり忘れてたよ(2006年5月と2007年4月に出した事がある)。
スポンサーサイト



ローカルトークでスタート。あ、この写真の辺りね。

全然気付かなかったけど、いつの間に清武が合併推進派に移行してんの!?
・・・地元にいないと本当に勘が鈍る。
それにしても、地名が消えるって寂しいものですね。全国地図に自分の育った町が載らない日が来る訳ですし。でも意外と大丈夫なのかな、「生目」とか地元では消えてないし・・・って、変換できないのかよ。



下でネタが無いって書いたけど、気負いせずにいれば意外と見つかるもんですね。
・・・しっかし凄い濃さのローカルトークだ。あと、UMKのサイト(だから柳田さん大丈夫なんか)で巨典さんの「レッツゴーホリデー」に爆笑。
RainyTime37.jpg

時に不気味で、時に綺麗で、時に悲しくて、時にずっと見ていたくなる。



最近、写真以外出せてないなぁ。時間が取れない・・・。

・・・あ、そうだ。
夏休み潰れてボロボロだった+貧乏性があまりに抜けてない(と言うか、学業ボロボロなのでもう親の金で好き勝手やっちいけない)のを見かねて、自分以外の家族がプレゼントくれる事になりました。
・・・たまにはこんな事あってもバチ当たらないよね、きっと・・・?
Forest2.jpg

師匠に写真の以来をされて気が付いたけど、日本って針葉樹多すぎ。花粉症ではないけど。
・・・と言う訳で、これ。

「森」。それ以上でもそれ以下でも無い写真です。以上っ!
気分で氷ポケモンを育て始めた。

普通はここのサイト的には水。しかし、ポケモンでは水びいき凄いし、冷凍ビームが前々から好きなので氷にした。
ちなみに理系トークですが硫酸銅が好きです。



↓現在の進捗状況(理系トークはできても漢字は間違える・・・「しんちょく(進捗)」って日本語はあっても「しんしょう(進渉)」は無かったのか。変換できなくて焦った・・・)

ジュゴン→未所持
パルシェン→現在育て中
ルージュラ→タマゴ技の都合で保留中
ラプラス→マイイベント温存のため不可
フリーザー→リーフグリーン未所持に付き不可

ニューラ(マニューラ)→シナリオクリア時にゲット済み(マカって名前何度か出してますよね)
イノムー(マンムー)→一応ウリムーは所持(これが以前述べた「2の15乗」。まだレベル10・・・)
デリバード→ゲットだけ(性格が・・・)
オニゴーリ→ゲットだけ

ユキメノコ→バトルタワー要員として所持
トドゼルガ→大量のタマザラシは持っているけどステータスが全滅
レジアイス→持ってはいる
ユキノオー→未所持(以前捕まえようとしたけど20回やり直してもステータスが全滅)

グレイシア→普通にレベル50を所持



企画倒れ多っ。

・・・手間の掛かる作業だから後回しでもいいんだけど、必要な箇所でもこの傾向が出そうで怖い・・・。
Hitotsuba2.jpg

故郷の川の河口付近の写真です。
撮影者(管理人)の影微妙に映ってますが勘弁。



2年前の写真だけど探せばまだ出せそうなのあるもんですね。
自分が感じた少し寂しい感じの空気を撮れていれば幸い。日の高い時間帯(出来れば朝)に撮ってれば全然違うんでしょうけどね。

ちなみにこの辺り見れば「真」と言うタイトルの理由が分かるかも。
待てやコラwwwww



歌詞が出た瞬間盛大にズッこけた。宮崎オリジナルのCMソングがあの番組で出るとしたらこの曲がいい(個人的には万代ホームか大黒リゾートホテルだけど、無難所を挙げるとしたらこの宮崎銀行しかない)と思ってたけど、本当に出るとは思わなかった。
この番組(日テレの県民番組)ハズレ多いけどちゃんとやってくれるとは思わなかった。

ちなみに歌詞カードあれば自分も熱唱できますねー。
あと阪神が広島の選手獲り過ぎは吹いた。



あ、明日の分の更新はお休みです。土曜未明から復活かな。
DoUbt(ガンガン)とカグツチ(マガジン)の登場人物がごっちゃになる夢を見た。



・・・まぁ、同じ匂いがするからねぇ(何となく現実的な世界観とか)・・・。

それにしても。
ガンガン感想を書いてる時の自分とかは狂ったような状況と言うか狂ってるので、今まで何度かクレイジー状態のキャラに対して「自分と同じくらいイカれてる」と言う自虐ネタを使ってきました。
が、「自分はこんなヤツになりたくねぇ」と全力で感じたのは初めてでしたよ○○(DoUbtの犯人)さん。いや、アレはもうエイジの首から上をあそこまで徹底して映さなかったマンガで何故描写できるのかと言う狂気演出。つーか本気で何であそこまで描いたのか分からない。

もう、ギャグ王読者だった時代に「ガンガンは嫌い」とまで自分に言わしめた「ZONE」以来のトラウマだよ・・・。
精神的に疲れてるので一個だけ。

オリンパス、中級デジタル一眼レフを発表
>防塵防滴機能は搭載しない。
>防塵防滴機能は搭載しない。
>防塵防滴機能は搭載しない。




AAAAAAHHHHHHHHHHHHHHH!!!OTL

追記。非常に失礼だけど、この記事の拍手まで叩かれてるのは「?」と感じる。
八重川源藤橋

宮崎の風景。
南国だ南国だと言われ続けるも、地理的に南日本の象徴の台風以外では「他と比べて暑いのか」の指標が無い(宮崎だろうが冬は寒い)ので実感が無いものの、こう言う風景が日常であると確かに南国なのかなーと思う。

何ッの変哲も無さ過ぎる写真ですが・・・。
ちょっとだらだらと話します。
しっかし、真・ケモノ道をここまで定期的に(半年に1回くらいだけど)扱うブログって絶対うちだけだよなー、と言う気も・・・どうなんだろう。



いきなりですが。
つい最近、ソニーがミノルタと言うメーカーのカメラ部門を受け継いでデジタル一眼レフカメラを発売するようになりました。
意外にも独自路線は少なく、過去のミノルタの遺産を最大限生かす形でのカメラ開発。賛否両論ありますが、家電メーカーの割には異常に頑張ってると言えるカメラを数多く輩出するようになりました。
こんなの別窓)とか。まさか「ミノルタの最強機種超え」とは・・・。ミノルタってカメラメーカーは凄いカメラメーカーですが、キャノンやニコンと違って認知度少ないです。それでもこういうコメントを付けてくれるから有り難い(まぁプロ用機種だから買う層は99%ミノルタ知ってるような人だろうけど)。

ちなみに「α」ってブランド名もミノルタの遺産(コニカは受け継いでないけど・・・)。
まぁ、オレンジ色ででっかくロゴを載せたりはしてませんでした。普通に「α-7」とか白地で刻印されてる程度だったけど今は巨大なオレンジのαマーク付き。



さて。
最近、「AFRIKA」と言うソニーのソフトが発売されました。プレステ3の描写力を生かして再現したサバンナで写真を撮ったりと自由に冒険するゲーム。
これ、折角なのでカメラ機能は元ミノルタの皆さんにお願いしました。自前です。
自分が読んでるガンガンでも紹介されてましたが、これで「本当に存在するカメラの操作」と同じ撮影機能を入れる事が可能になったそうです。
(逆に言うと、カメラに詳しくないと厳しい。あ、万が一ここ見てる人でAFRIKA内でカメラが使いこなせず困ってるって方はコメントとかでどうぞ。状況次第ではアドバイスできるかも・・・とか調子乗って書いてみる)



・・・さて。
以下はガンガンも読んでないと厳しそうな話。

そもそも、レビューはいつものコーナー「真・ケモノ道」でやってましたが、基本的にこのコーナーはカラーページ内に2ページ出張版があります。
ゲーム以外のレビューだったら例外はあるんですけどね。
で、カラーページには最後に「今月のしめくくり」として、「ケモノ道」のカオスな(汗)内容を一枚でまとめた絵が出てきます。





ミチルさんの持ってる一眼レフに

オレンジ色のラインがきっちり入っている。




これ別窓)。ソニーにカメラ部門が以降してから、カメラにオレンジ色で「α」と大きく刻印されるようになりました。
このオレンジ色、見ての通りレンズの付け根(写真ではレンズが外してありますが)にも円形のラインの形で使われています。
で、それすらもカラー絵で描かれている。おいおい!?



ミチルさん(レビューマンガの作者)は一枚絵だったら結構上手いと言っていい人。
しかし、普通一眼レフの模写をしろと言われてここまで細かい所まで写すか!?このラインはソニー独特のものだけど、パッと素人がカメラを見ても「ふーん」程度で終わるはず(イメージ戦略的にはその「ふーん」が結構効果的だとは思うのですが)。

ぐだぐだ並べましたが要するに。

ミチルさんが、ソニー側から「オレンジのラインまでしっかり入れてくれ」と注文を受けていたのでは?



・・・まぁ、あくまで仮説。
ミチルさんがカメラ好きで気を利かせたと言う可能性とかも有り得ますので。
つーか単純に写実系の模写やったからこうなったと言う可能性もアリ。今月のガンガンのミチルさんのマンガ見たらお茶缶にリサイクルマークまで描かれてた事にたった今見返して気付いた。この細かさがあるとありえない話じゃないかもしれない。

それでも、これが本当だったとしたら。
ソニーのブランドイメージ戦略恐るべしと言った所でしょう。この「真・ケモノ道」と言うレビューマンガ、ぶっちゃけカオス過ぎてネタコーナーと化してる(代わりに「あざとい宣伝」と言う要素が微塵も感じられないから好き)のに、ここまで入れるか・・・。
ポケモンダイヤモンドで、ムチュール(ルージュラの進化前のアレ)を20匹ほど捕まえた。
大半は逃がすだろうけど。



その昔、例によってルージュラが嫌いだった自分。
でも、今は「腐れ縁」と言う感じで捕まえてもいいかなーと感じて捕まえてきた。

・・・うーん、変な感じだ。
ちなみにマンムーよりはマシじゃんと思ったのが一番の理由だと言うのは内緒。



・・・とりあえず、猫騙しを使えるみたいだけどヤミラミなりバルキー3兄弟なりから遺伝させないといけないのか・・・。
ヤミラミはルビサファ初回プレイ時にトウキ対策で捕まえたから持ってるけど、どうしたもんか。つーかルージュラに進化させないとタマゴ使えないのか。
TrainNote7-1.jpg


TrainNote7-2.jpg

電車と言うよりも「スピードのある乗り物」と言う印象が先に来る。

去年の夏に1時間掛けて撮り貯めた新幹線の写真から。
コンパクトデジカメで流し撮りは毎度難しいです。この写真は比較的上手く行った方の2枚。
でも、カテゴリーも「鉄道」です。



ソウルイーターのDVD、今だに見られてない・・・。
今週末が勝負か。
yrotciV.jpg

記事名カオス。
ここでブリッツボールの話(FFX)をして通じる人はいるのだろうか。まぁ、一人くらいは・・・?

師匠の関係でニコニコ動画のFFX関係の動画をメッセで見せて貰った(会員登録不要。下ネタ多いよ相変わらず)のだが、かなり上手いプレイヤーがやってるにも関わらずブリッツボールでルカゴワーズに惨敗していた。
あれ?何故に・・・。



管理人はかなりやってました。
しかも、ゴワーズ含む一部チームはメンバー変更したらリセットと言う徹底っぷり。いや、チームが原形を留めなくなるシステムはちょっと今のプロ野球の悪い部分を拡張したような感じで嫌なんだ(それでも好きだけど・・・あと広島頑張れ)。

で、チームメンバーも初期。
それにしても、ミフューレとニーダが同じキーリカビーストに同居し始めた時は何のネタだと思った・・・ロンゾファング目じゃない。ディフェンス陣全員が初期メンバー(弱い)のため、唯一のフォワードのブラッパが必死にシュートすると言う訳の分からない状況に。まぁ、気が付いたらミフューレが得点王になってる事も珍しくないけど。

結局、キーリカもチーム変更を避けるように。
時間の掛かる方法なので、飽きた頃にもレベルは40くらい・・・やり込んだ割にはイマイチだ。



本題。
アルティマニアを元に考えた最初のゴワーズの攻略法。
「1試合目前半はとにかくパス回しをする」

要するに、レベルを上げて後半戦で圧倒してしまおうと言う力技である。
この試合ではジェクトシュートが途中まで使えない。だからパスを回して我慢して・・・。

ちなみに、管理人はこの方法で4対1で圧勝した事がある。
(ティーダが運良くゴール→キッパはどうにもならないのでグラーブあたりに点を決められる→ディフェンス3名でパス回し開始→後半に一気に2点→レア台詞「まさかの展開だ!誰がこの展開を予想したでしょうか!」とかそんな感じのが流れる→通常よりも早い段階でワッカに交代、ワッカもさらに1点決めて終了)



ダットはこの時点では役に立たなかった気がするのでディフェンス陣を中心に回せば、ボッツもジャッシュもゴワーズの面々と互角に戦えるようになる。
後はティーダにパスしてシュート。ボッツの場合はジャッシュより強い変わりに体力がしょぼいのですぐさまレッティの元にボールを避難させる事。レッティなら何とかパス通せる。
うーんと、ボッツはベノムタックル使えたっけ?使えれば中途半端なジャッシュを捨ててこっちを・・・と言いたい所だが、この時点ではベノムタックルも乱発できないから逆にジャッシュを鍛えた方がいいかな。中途半端な分、逆にレベルが上がると手を付けられなくなるのがジャッシュだし。
「運命」と言う単語は宗教染みたあまりに根拠の無い言葉の一つだと思うけど、あまりに耐え切れない事が立て続けに続いたらそれは運命になってしまうのだと思う。

夢がある。本気で人生の目標だと考える事が出来る。例え力及ばなくても全力を掛けて挑める。
本気でそんな意思がある人間の前には流石に関係ないと信じたいけど、「不条理」の域の災難が「無尽蔵に」沸いて出てくる場合、それは不幸の星と言う名の運命。ましてや、「自分の努力」とすら関係の無い領域でそれが現れた場合、最早どうしようもない。「夢に向かう人間が届かずにあがくのを見たい」ではなく、ただ単に「人が苦しんでるの見たい」と言う呆れた動機で運命は人に降り掛かる。

逆もまた叱り。幸運の星なんて運命もあるのかも。
だけどそんな人はただの天才なんでしょうね。そして、知らず知らずのうちに多くの人を傷付けても気付かないと言う幸運に恵まれる奇跡の聖者。あーっはっは、はっはっは。

不幸続きが10年も続いたら、ある程度までは自分の責任はあれどそれは運命。
不幸の星に恵まれた。そうなると、ただ何もかも虚しくなる。
そして、「人生の中でたまにある僅かな幸せ」で満足できるようになるも、それが生きるために自分で自分自身をいつの間にか洗脳してるのではないか・・・と言う考え方をすると恐ろしくなる。



けど。
「僅かな幸せ」の中にいい意味で他人を巻き込める事例が少しでもあるなら、それだったら別にいいかなと思う。

中学以来、自分は自分を幸運だと思った瞬間は少しはあれど、自分の人生を幸運だと思った瞬間はこれっぽっちも無い。
・・・けどこのブログ、予想以上に大きいんですよ。ただの自己満足はあれど、それなりには、人を自分の中の「僅かな幸せ」と言う流れに巻き込める機会に恵まれたし。



この文章なんだ。こう言うの書く人ってネット上では嫌われるんだろうなー。某声優じゃないけど。
それでも、「運命って何だ?」と自分の中で考えてみたらどうなるだろうと感じたので書いてみた。語彙が無いので色々考えてたらただの変人ポエムに・・・OTL

・・・アレだ、要するに「自分が生きてて得する人間がいない」と言う状況に確信を持ったのなら色々と諦めていいかもしれない。けど、少しでも得する人間がいるっぽかったら人生は不幸でもアリっちゃアリ。
自分は不幸続きの運命に見舞われた挙句、そんな結論に至りました。

雨の流れるコンクリート

ただ、流れるのみ。
逆らう事は出来ない。けど、流れに耐えて得るものがあるのなら、その時は・・・。
師匠に発注されてとあるゲームの曲を探す事になった。
でも面倒臭いしYouTube何故か開けないし、この場にニコ動を貼り付けて聴く(うわー力技)にも実況ボイス入ってるのが殆どっぽいし。
で、オルゴール曲。伴奏むっちゃ少ない。もう面倒なので耳コピして送り付けました。



と言う訳で、折角なのでここで出してみる事にしました。
MIDIをここに出すのは半年振り・・・。実際は作ろうとする→挫折、を何度かやったんですがこれくらいなら何とか。

「絶体絶命都市2」キャラセレクト

10分リピートして、30分再度聴いたりしながら製作。
ちなみに元ネタは知りません。すいません。



あ、ガンガン感想はこっちです。念の為。
それにしてもオルゴール超楽。折角だから分かる人いるといいな。でも元ネタ知らん。ごめん。
⇒ 続きを読む
あのドラマの最終回、下手すれば「あまりに悪魔に近い落合みたいな人間だったら殺しちゃってもいい、後から立ち直れる」だよね。



・・・やっぱ、落合が凄まじ過ぎるせいで何もかも悪い方向に狂っていた気がする。
正直、あれは許容範囲の限界を超えていた。だから死んで確かに嬉しく思ってしまっている自分がいる。
まとまったとは言え、完全なるハッピーエンドじゃないのに。

・・・落合も、「大人に蔑まれた結果の産物」を描写するにはあまりに強力すぎる存在だった訳だし、そっちからは中途半端にならないように逃げずに表現したとも言えはする。
そんでもって、このドラマは自分は落合を除けば理想に近いドラマ化(高望みしなければ。まぁ、自分はアニメやドラマは意外と見ないので高望みできませんが)だったと思う。
けど、何か主題がずれてた気がするんだよなぁ。

そもそも、あのマンガで「死んでせいせいするキャラ」を用意した時点でやばい。あそこまで酷くなければ過去を含めていいキャラになってたと思うのに。
と、5度目くらいだけど叫ぶ。



・・・あ、ラストのシーンは完璧でした。アレ以上のラストシーンは自分には思い付かない。
本ッ当に、これは心の底から考えた人とゴーサイン出した人に感謝+尊敬。
ネット上で盛大にオタク贔屓抜きで指示されてる麻生太郎さんですが、良心曰く「いいけど、失言癖が酷いからなぁ・・・」と言っていた。
本当にそうだね。人口30万人オーバーの岡崎ですらダメなら地方都市はどうなる。
・・・自慢の親です。

本題。面倒なので日付跨ぐ前に更新。

Tenman4.jpg

・・・あれ?ファイルが表示されにくい・・・。大丈夫かな。
地元の天満宮のある山。橋一発で和風なイメージでなってくれました。

関係ないけどシバトラ・・・うん、何の関係も無い美月が狙われてる時点で嫌な予感はしてたんだ。
完璧に収拾付けたしまとまってたし、スタッフに「これなら満足!本当にありがとうございました!」って言いたいと思えるドラマだったと感じるけど・・・ちょっと強引すぎやしないか?うーん・・・。
ポケモンプラチナの話。

どうやら、教え技で「大地の力」があるそうですね。
特殊受けブースターすらゲームフリークは許してくれないようです。
(注→ヒットポイントと特殊防御を極限まで高め、さらに「鬼火」「願い事」を覚えさせたブースターのこと。発案者のリリアさん曰く、「ブースターは特殊技の弱点は水技くらい、大地の力もバクーダとフライゴンくらいしか使えないし岩タイプの特殊技は殆ど無い。だから「願い事」「守る」で粘るだけでギリギリで(重要)持久戦をする事ができて、さらに鬼火を放つ暇があれば火傷のダメージで有利に戦える。しかも、地震を覚えた相手に交換されても鬼火は『相手の攻撃力を下げる』と言う」)



そもそも、水ポケモンそのものが多いから意味が無い。
けど、逆に言えば水ポケモン以外ではアメモースとボーマンダくらいしか水の技を使えるポケモンはおらず、確かにそれなりに戦えてしまっていたらしい。
(サーナイトで同じようなコンボをやった方が強い気がするんだけど・・・)

で。
「大地の力」を覚えるポケモンが増えたら、今まで辛うじてこの戦法を使えていたブースターでも「特殊技で」強行突破されてしまう。
ウツボットはリーフブレードかタネばくだんを覚えて攻撃力アップしたらしいのに。



・・・何か、こう、凹む。
ゲームフリークさん、いじめってそんなに楽しい?

・・・せめて、ブースターがダストシュートを覚えられますように・・・。いや、スモッグ覚えられるし。
これさえなかったら・・・。



コメント返しまだ待って下さい。
現実逃避万歳。



最近、色々とボロボロでした。
と言う訳で、いつもの如く立ち読みできる本屋巡りをする時間が無い。





ガンガン買った。



いつもの立ち読み感想なんかじゃないです。あとケチって買わないって訳じゃないですと言う証明がてら。
結局、場所スペースの関係で実家との重複購入はやっぱ不可と言う結論に(捨てられない性格)。だから、もう当分やりません。

・・・さーて、と。
もう、量を増やす事以外何も考えてません。
「本当にそれが良い感想に繋がるの?」と言う方もいらっしゃるでしょうが、さらにそれを上回る領域を狙う。それだけのバカです。
頭悪いから、短絡思考の方が性に合ってる。だからやる。それだけ。プリセラの原理。

あ、東方は殆ど知りません。
↓久々の全作品感想らしきもの(なお、閲覧者の読み飛ばしによるカットを前提として長く書いてます。「どれか1個しか読んでない」と言う人でも満足できるように)
⇒ 続きを読む
投稿時間が表示されないテンプレート(既存のヤツの改造)を使ってるこのブログですが、いつもは深夜0時~2時くらいに更新してます。
でも今回は午後8時。お、遅れた・・・。勿論ガンガン感想のせい。

MiyazakiStation13.jpg

宮崎駅。多分午後8時くらいに撮ったヤツ。
注→これは「先月(2008年8月発売)」の

ガンガンの感想です。


あと、このサイトのガンガン感想のスタンスはこちら別窓)。




えーと・・・いつの間にか4500字か。あれ?そんなに書いたっけ・・・。
それは置いといて、最新号じゃありません。ごめんなさい。







あと1日待ってくれ(不気味な声で)。
⇒ 続きを読む
・・・む、ちょっとニュース多いな。このコーナー起動。



意外と早く「マイクロフォーサーズ」発表(パナソニックから)
何となく、「カメラじゃねーよ」と言いたくなるような機種の予感がしていたマイクロフォーサーズ(もっと言うと松下はコンデジはともかく一眼レフは信頼できない)。
144万画素のEVFて。笑った。ここまでしっかりファインダー作ってくれるとは思わなかった。つーか、流石にマニュアルフォーカスどころかピントの確認すら出来ないカメラは作らないか・・・。思ったよりいけるかも、この規格。

インタビュー「サンディスクExtremeIII」の狙い
写真持ってる人がデジカメWatchの女性ライター(カメラマンなんですが)の吉住さんに見えた。

ソニー、まさかの2400万画素でフルサイズ導入
松下が144万画素EVFならこっちはα-9越えだ!ちなみにペンタプリズムって結構カメラの値段への影響力が大きいみたいです。もうハナっからコストダウン考えてねぇ。
「ライバルはα-9」が滅茶苦茶頼もしい。ここまでミノルタを引っ張ってくれれば万々歳。APSサイズのα700と同じ画素ピッチだそうです。
つーか、33万ってα-9と同じ値段かよ(α-9は30万ちょっとだった気が)。デジカメがフィルムの値段に近付きつつある・・・。あと、70~400mmは独特だなー。



あと。
今更だからリンクは貼らないけど、一つ。
ニコンさん、動画デジカメのやり過ぎは勘弁して下さい。「写真」を動画から切り取るものにする気は無いだろうけど、怖い・・・。既に、デジカメは写真だと思うけど加工したら「アート」になるような曖昧な分野だと思うので変な方向に行かないといいけど。
何が言いたいのか分からないなぁ、とりあえず自分は「瞬間を切り取る」事が写真を引き締めてるのだと思います。まぁ、動画は本には載せられないけど200年後には本が立体ホログラム映写機になってたりするのかもね。まぁ、それ以前にそれまでに人類が生き残ってるか、って話もよく聞くけど意外と生き残ってそうだよな。
江南小周辺、ここは見晴らしがいい(ローカルトーク)

家が立ち並んでるだけですが、公園って偉大ですね。
ネタバレ注意。
(※ガンガンの話題)
⇒ 続きを読む
Palm2.jpg

無茶苦茶忙しいので、現実逃避に1日早く休日気分になってみる。

明日だ・・・明日になれば・・・。
(先月の)ガンガン感想仕上がるかな・・・。
SkyDay90.jpg

下宿先じゃこう言う空は滅多に見られないけど、宮崎の実家だとばんばん出る。

この写真、出す前に今までとの重複がないかの確認の方が苦労してたりして。
以前問題になった同人誌問題。
当時の自分の記事。あとこっちも。元ネタへのリンクは貼らない)



正直、考えを1ヶ月近く自分の中で再考してみたけど、かなり自己嫌悪にすら陥ったりしててまとまるのか不安になってきた。
ただ、考えてはいると言う証明がてら、少しだけ。



別に、「同人誌」と言う分野からして見れば逆にいい傾向なんだよな。
サイトの閲覧者層には損。そしてペイサさんはネットの衰退と言う事を危惧してたけど、同人誌と言うジャンルからしてみれば逆にいい傾向なんだよな。

この前ニンドリ(ゲーム攻略雑誌)を立ち読みしたけど、「ゲームフリーク」と言うゲーマーには非常に有名な同人誌がありましてね(後に自分でゲームを作る会社と言う形となって大ヒットゲームを生み出す事に)、その同人誌は当時ネットが無かったから同人誌と言う形でゲームの情報を提供する、と言う事にしたそうです。
これ、逆に言えばネットが発達した今では起こりえなかったって事でしょうね。

同人誌で提供できたはずの情報がネットに流れて、逆に同人誌側は「ウェブサイト」と言う分野のために衰退しているのかもしれない。
その傾向の逆輸入みたいなものだから、別にいいんじゃないか?と。
詳しく知らないけど、同人誌と言うと現在ではマンガしか見かけませんもんね。これだと明らかに紙媒体の方がいいから生き残ってる、ただ他は・・・。

だから、エゴイズム気味だったのでは・・・とは確かに感じる。
同人誌活動がサイトに移行した時は逆パターン(クオリティの抑制、ネット接続の強制化)が起こり得るだろうし、そっちは・・・。



ただ。
自分がこの意見に賛同した理由。

「自分が『買えない側』として迫害されっぱなしだったから」
駄々ですね。でも、これだけじゃ「同人誌を買える人間」に対しては得をするし、勝手に例に挙げた有無さんの同人誌だったら同人誌じゃないと絶対不可能な領域のとんでもない作品(と言うか何と言うか)ですし。

だから。
本当は、こっち。

「『サイト』から『同人誌』と言う全く別の分野に移行するにあたって、あまりに『本来の閲覧者(サイト巡回目的)』に対しての配慮が欠けてないか?」



結構、道理に合ってるようで強引な意見です。駄々入ってるんだろーなー、と我ながら感じます。
流石に、これって同人誌製作者の義務でも何でもないですよね。同人誌製作は個人の自由と言っている以上、こっちは認めないと言うのも変な話だ。

ただ。
同時に同人誌を出した人が揃いも揃ってこういう配慮に欠けてる現状ってのはどうなんだ?
随分曖昧な主張だけど、全員「同人誌の持つ正の面」しか強調してないようにも見える。
同人誌製作に掛かるコストとかそういうのを書く義務なんてのは存在しないし、目的は確実に違うけど一応は商売の体裁を取る以上はいい面だけを強調するのが普通です。だから悪いとは言いませんが。



でも・・・。
今回は「ウェブサイトを管理してる人間の同人誌」です。
だから、こう言う風に「サイトを放置する事」の存在も同人誌を作る際には考慮して欲しい。
今、「ウェブサイト発の同人誌」を製作してる人間は精鋭揃い(個人的な判断ですが)だからこう言うのにも考慮した上でやってるのは間違いないと思うけど、その過程が抜けてる以上「同人誌」と言う分野が本来より魅力を過剰評価された状態で認知される可能性くらいはあるのでは。

同人誌が、「サイト閲覧者とは違う層に向いてしまう」と言うジャンルである事は認知した上でやって欲しい。
流石に、表面上とは言え「買えない人」の存在を無視されているのは忍びないです・・・。



以上です。
それでも、暴論に賛成してるのは事実ですけど・・・ただ、「この文章書いてるヤツは自分勝手だけど、少しは言い分も分かる」程度でいいです。
むしろ、全部理解してサイト側に無理して行かれたりしたら困ります。サイト運営と同人誌の2つを選択肢として選べるのであればそれを優先すべき。選択肢が多いのはいい事だし。

一応念の為。
この件は、まだ少し考えている最中です。
(つーか、慌てて文章にしたけど、まともに文章全体を見返してないので文章そのものに主張の矛盾があるかも・・・)
ですが、何か意見があったらコメント欄かサイドバーのどこかにあるメールアドレスからどうぞ。



それにしても。
一番上にリンクを貼った自分が過去に書いた文章、いくらなんでもツメが甘すぎる。何か、色々と関係の無い事まで話してないか?
要するにぶっちゃけトークっぽいものをしたかっただけなのかもしれない。そんなつもり無かったけど、少なくとも上の文章は「どうせ自分のサイトやし、好き勝手やっていいだろ」と言う油断からそんな面が見え隠れしてる気が結構する。

・・・今更ですが、申し訳ありませんでした。
ちなみに、自分は文章の訂正はしない方針を取ってます。晒し首にする目的が一番大きい。
久々のバンブーの感想です。

しっかし、ハーメルンも咲も休載かよ。と言う訳でもうYGの感想とは呼べないか・・・と言う訳で開き直ってバンブーだけ。
すももは・・・えー、実は3号くらい前の号を1個読めずじまいだった(バンブーもだけど)んですが、その間に何があったのか分からないので感想は保留。いや、天我を1話で殺せる訳ねーだろ!何があったんだ・・・まぁ激怒した孝士が超カッコ良かったとだけ(ストーリー的には暗黒時代突入っぽいけど)。

つーか、この感想なんか仮にも萌えアニメの原作となったマンガの感想じゃない。
以下、注意。
⇒ 続きを読む
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
重症コミュ障患者のブログです。
元々は月刊少年ガンガンの感想、写真、地元(宮崎)のネタを細々と更新していました。
(なのでアイコンもその辺り由来でソウルイーターのクロナ。知り合いの絵師、師匠氏(仮)謹製・・・)

今はどれも残っていません。ガンガンONLINEの一部マンガの感想を復旧させたので、共通掲載のマンガに関しては楽しめるかも・・・?
今は副業で始めた高専ロボコンのデータ記事(高専に縁の無い部外者視点です)がメインになってるような。

URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース跡

この欄はもう正常に機能していませんが、撤去が難しそうなので残してあります・・・。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク