ガンガン感想、写真ブログなど経由した成れの果て。トップ絵は知り合い画(非公式)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3ヶ月前に書いたアニメの視聴を終了。
タイトルはそれ絡み。まぁ普通なら特定不能なワードにしてありますが。



正に「過去から過去へ、過去へ、過去へ」と言う構成のアニメだったから見事に視聴動機に刺さった上に(最後の数分で未来を描写)、VIPピアノスレ(10年ほど前にお世話になったコミュニティ)まで個人的な理由で刺さってきたから最早笑うしかないわ。
あと1mmだけバンブーブレードすら掠ってる(笑)。もう戦慄したわ。いや完全にこじつけですが。

・・・この時期に見返せたのは運が良かったと言うか・・・。
(まぁストーリー面は見るごとに当時の記憶が蘇ってネタバレフルオープンと言う有様でしたが、手品のタネを分かった状態で舞台裏からマジシャンの活躍を見る弟子みたいな視点だったので、これはこれで・・・)



さーて。
ここから、空を目指せ。
スポンサーサイト
はい諸々の事情で感想記事行きます。
自然消滅したガンガンと違って明確に「読んでるけど書きたくない」とすら思う昨今の週刊少年エログロマガジン(こう読んで差し支えあるまい、と先月の新連載を見ながら確信)ですが、まぁ書きたい要素が貯まり貯まると・・・。
あとフェアリーテール最後の感想になるかもしれないので。流石にこれは一言触れるのが義理だと思った。RAVEと違ってストーリーの無いバトルファンタジーと言う体裁でしたが、自然に軟着陸できそうなのは嬉しい。
⇒ 続きを読む
少しぐらい写真を出そうかとも思ったけど、今までが今までだったので結局出せず。
そもそも雨降ってないし。
(割と雨の写真を多めに上げてました)



ハガレンまさかのオンライン連載に非常に驚いた。
んなアホな・・・と思ったけど、実写劇場版に合わせて。まーでもこれ、週2で読むには結構ヘビーかもしれない。一応ダークファンタジーだし(キャラを極限まで生かしきる等の完成度面で押し切った訳ですが・・・)。
そもそも、ハガレン目当てにガンガンを読み始めたお陰で10年ほどはガンガン感想を書く事になった訳ですし。
自然消滅しちゃったけど今でもガンガンは応援してる。ジャンプみたく左門くんに無理にバトル展開やらせて人気落とした挙句に打ち切りとかアホな事やる雑誌とは違うのです。

・・・と思ったけど。
なんか、土塚先生がマテパの原稿を引き上げたなんて話がTwitterで書かれてて(しかもスタジオねこ公式がソース)、まさか神無は移籍か・・・なんて恐ろしい懸念が生まれてしまった。
まぁ、確かにエニックス系はマンガを完結させない悪癖があるけど・・・それでも単純に大雑把に打ち切るよりはずっとマシだと思ってますが、どうなっちゃうんだろう・・・。



ガンガンONLINEの簡易感想。
クイーン・オブ・サーカスの猫→鬱蒼とした雰囲気のこのマンガで虫を小道具に使っておきながら読後感が割と良かった時点で既に拍手喝采もの(笑)。
昔とある蜘蛛のマンガが・・・マジで吐けるしガンガン5年ほど触れなかった(ここが感想サイトやる前の話)くらいにグロいから調べるなよ。
吸血鬼の服従まではベタなパターンだけど、処理の仕方にあるま先生の片鱗を感じた。こうもライトな洗脳を描けるのは見事(もはや教育の域)。
後は、ものすごく今更ながら、猫2匹が多少は人語を話せても良かったのでは無いか(感情移入しやすくなりそう)、と言う本末転倒な案が思い浮かんでしまった。
うーんでも繰り返すけど本末転倒か・・・だったらペンを持ってメモで意思疎通!って既に多少やってるし、そもそもガンガンでやってるから文章そのものをペンで書かせたら守護月天の離珠のパクりになってしまうのでアウトと言う凄まじい落とし穴に気付いて卒倒。まー、これが限界なのかなー・・・。
ゴブリンスレイヤーこんだけ完成度高いのに肉壁が女だけって爆弾級のツッコミどころがあるのが乾いた笑いしか出ない。
そら肉感は黒瀬先生が某ゲームのP業だから抜群よ(当時は夢子でしか活用されてませんでしたが)。
どこまで原作から改変してるのか・・・あとR-18のネタになって申し訳ないけど、この作品のゴブリンって女性を強姦して孕ませて繁殖させるタイプなの?それだったらようやく世界観に納得するけど。



三国志大戦と言うゲームがあります。
自分はやった事ありませんが・・・。
セガのアーケード筐体を使った特殊なカードゲームで、武将カードを配置して敵城に上手く攻め込めるか、と言う大戦ゲームらしい。

さて、ゲストで漫画家の先生がコラボカードを書く事があるそうなのです。
横山三国志や蒼天航路のイラストを借り受ける事もあれば、DMCとか変なところまであったり(しかも例のクラウザーさんそのまんまのデザイン)・・・最新はキャプテン翼。後はユリア100式ってR-15マンガの作者が自分でやり込んでるとか。
そんな中で、なんと岸本聖史先生が抜擢されたそうです。なんと!

・・・いやー。
1分でブレイザードライブの存在を思い出せた自分に拍手。
セガさん覚えててくれてたんですね・・・有り難いとしか。
ちなみに武将は馬謖。流石にこれなら判る・・・ってなんか技名が「仇討制度」になってるし。
と言っても、デザインは多分オリジナル。ま、まぁ流石に助太刀09は意識してくれてるだろうなー・・・。
(ブレイザードライブのキャラモチーフだったらお手上げ。ある程度読んでたけどキャラデザイン思い出せない・・・)



流石にこれだけガンガン系のネタが溜まるの貴重。久々にブログ記事を書いた気分・・・。
あ、体調?緑色の下痢が丸一日ほど出続けましたが多分大丈夫です。たぶん。たぶん・・・。
所用で武装錬金を見返して、13年経ってようやく「年上だと嬉しいか?」の台詞の意味に気付いたアホは自分だけでいい。



いや、2巻冒頭で斗貴子さんが言ってたアレ。
(そういや斗貴子さんって「北斗貴族子」って書いて毎度変換してたなぁ。懐かしい)

その後のカズキの「年上・・・」の岡倉と悶絶してたシーンの意味も当時判っていませんでした。



いや、だってさ。まさか「Hできれいなおねえさん」が伏線だとか考えないじゃないですか。そこからカズキが実は性癖が年上だとか考えないじゃないですか。でも結果、職人に選ばれたのは年上でした。



・・・とりあえず、「一度読んだ本でも数年経って読み返すと違った発見がある」って定番のフレーズを、ここまでカッコ悪い方法で実現してのけた馬鹿を、自分は知らない(笑)。

・・・あと、色々停滞しそう。
5日前に色々あって生きる理由をネット以外に失くしてしまったので、体力も連鎖反応で減ってる現状。前の記事で書いたアニメも見返せるかどうか・・・。
広告消しがてら。



上手く行かないかもしれないけど、諸事情でアニメを見る事にした。
思えばバンブーブレードすらYouTube経由でしか見られなかった上にDVD版の風呂でげんなりしたため買わずじまい(なので見てない・・・YouTubeだと途中で視聴途絶えそうだと踏んだため)。最後に見たアニメがハガレン2期orすももと言う・・・。
知り合いの師匠氏(仮)とかは年2ペースで見てるのに。

割と隠れオタクっぽいポジションで子供の時から損ばかりしている。
なのにアニメすら10年見てないって、純然たるデメリット生活100%濃縮還元。

なので、自分にとって見られるアニメって何だ・・・と考えた結果。
何かの縁で15年ほど前に視聴したB級アニメの存在を思い出した。
もっとも実家で深夜アニメなんて見られる環境も無く、こっそりゲームのふりして断片的に見てただけですが・・・幸か不幸か「知っているアニメなのに見ていない」と言う、今の自分には理想とも言える物件だった。
幸いネット上だと2000円程度で一時視聴開放の手段がある様子。これだったら、いける。

・・・何の因果か。
これを書いてて気付いたんですが、かれこれ数年放置してる二次創作のフォーマットの組み方と似てる事に気が付きまして・・・。
まさか、このアニメがバックボーンにあったのか。いや、そんな馬鹿な・・・。





もう創作物を作る気力はおろか、受け入れられる体力も無い。
それが今の自分。
だったら、少しでもできる所から。

・・・難点は、このアニメの感想記事は書けたもんじゃねーなぁと言う事ですが。
すももも正直見る人を選ぶ作品だから(子作り要素抜きにしてもいいマンガだけど)公言できるものでも無いんですが・・・まぁ、元ガンガン感想系サイトとしては問題ないかなーと・・・。
いつか公言できる日が来ればいいんですけどね。
ここから(個人的な感想記事含めて)色々広がれば、いいな。
ロボコンの記事です。
20年弱は見てるオールドファン向け。



さて、ドォーモという番組があります。
福岡ローカルの月~木放送の深夜番組。
俗に言うリア充向けのためムラが大きすぎる(そのためネットでの評価は芳しくない)のですうが、当たり回の面白さだけでお釣りが来ると言う超ロマン砲。
ずっと前だし出演者が残ってないけど「凄い紅葉を見に行く(紅葉を探して名古屋→飛騨と北上していった。視聴率10%超えたらしい)」「どこまで?華世(福岡屈指のローカルタレントが知名度の北限を探る企画)」辺りが好き。
あと、たまーにドキュメンタリーやると恐ろしい完成度になる。
一応はリア充の視聴率で数字が十分取れているらしく、九州最強のローカル番組となっております。

で、ここ最近は木曜日に割と実験的な、だけど正直面白い部類の企画(そして一般的な層にはウケるか未知数)を集めてまして・・・。
(この中だと「恐怖!ミカン畑」は危険度がヤバすぎるのにインパクトが強すぎて両親と揃って爆笑してた)
昨日やった企画は「木曜大図鑑」。マニアックな項目を決めて数回連続で紹介する企画で、ここ3回は「九州の研究者」でした。



ここからが本題。
今回取り上げられたのは九州工業大学(若松・・・北九州市北部ですね)の准教授。
思ったより若い。37歳なんだとか。川原さんという方のようです。
・・・九工大の広報ページなら別にいいかなー、とリンクを貼っておく。

テーマは「ドクターロボの開発」。
難易度高そうな・・・とか、思ってたら。

写真が出てきた。
「高専を出た」というナレーションと共に、熊本電波のロボコンメンバーの集合写真が映る。






実名を出すのもアレなのですが、著名人クラスだからいいかなー、と判断して・・・。
99年度のロボコンを見てた方は「熊本電波」「川原」というワードで、思い当たる節があるはずです。
まぁ、この方はNHKには愛称を付けられていましたが・・・。



・・・一言。
「そら研究者にもなりますわ」



以下余談。
99年度全国大会の録画テープが破損しました。
たぶん一緒に入ってた他のも・・・まだ確認してないけど98年九州、00年関東中部が怪しいかも。
それでも音声は無傷で、名前は確認できました・・・間違いなく「あのお方」ですね。あえてワードは伏せる。
正に唐突に復活するカテゴリーの即興更新をどうぞ。
フルネタバレです。
あと、ここ最近の展開まとめて感想書いてます。

・・・それにしても、最近「見知った創作物」以外、ホント触れられないなぁ・・・。
(身内向けの感想を未だに書けてない、と言うかパワーが要りそうで読めてない状態が1年続いてる)
⇒ 続きを読む
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 AQUA CRESCENT all rights reserved.
プロフィール

Misfreak

Author:Misfreak
Read me。
癖の強いブログなので出来れば読んで下さい。ただしいらないと思った箇所の読み飛ばしは大丈夫です多分・・・。

一応プロフィールはここ
月刊少年ガンガン、写真(デジカメ)、宮崎、VIPピアノスレ、名鉄と趣味を全部詰め込んだカオスなサイトです。色々やってるのでブログじゃなくてサイトと表記。

連絡は非公開コメントからどうぞ。メールはチェック遅れる可能性があります(それでも送る場合は「misf-r1」「Gooフリーメール」)。
現在、広告コメント対策で試験的に細工をしてます。URL関係は「htp」で表記しないと弾かれます。ttpでもダメです念のために。



配布元の素材屋様。2006年1月21日21時カウントスタート)

業務連絡スペース

この欄の更新も11ヶ月ぶり(前回は去年の5月13日)。


過去ログ置き場(避難所にしている場合があります)

このブログの案内簡易版


先月のガンガン感想に移動する
最新のガンガン感想に移動する
最新の写真は写真カテゴリー参照



リンク集の詳しいヤツ
ガンガン感想のスタンスについて
宮崎市町村写真制覇計画
この枠内の最終更新日→4月20日

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。